2007年09月30日

富士川街道弁当をご存知ですか?

山梨県の甲府盆地南端から太平洋に流れる富士川の流域に「富士川街道弁当」が誕生しました。
峡南地方といわれるこの地域の食材を、四季折々“実りの幸”として、増穂町のいち柳ホテルがお届けします。

今の季節では、ふるさと郷土の味になつかしさを添えて、次のとおりご賞味ください。
  川魚(やまめ・あゆ) ・・・ 増穂町の戸川
  馬肉、こんにゃく玉  ・・・ 増穂町
  柚餅(ゆべし)・ラ・フランスゼリー ・・・ 増穂町
  16穀米  ・・・ 増穂町(はくばく
  キュウウイフルーツ ・・・ 市川三郷町 
  はなびらたけ 天ぷら ・・・ 鰍沢町
  山菜・しょうがなど野菜・香の物  ・・・  早川町など
  湯葉けんちん揚げ・花豆 ・・・ 身延町
  地鶏 ・・・ 南部町

峡南地方の各町や農家のタイアップを願いながら、IIEN.Yに登録された産業観光研究会などの関係者が知恵を集めました。
今日も悠然と流れる富士川に誇りを抱いて、地域の元気と繁栄を盛り込みながら!

すでに多くのイベントにて大変良い評判を広めています。
皆様も、峡南地方にお出かけになり、ぜひご賞味して見ませんか?

AMIPLAZA ECサイトからどうぞお申込みください。今月は「地域活性化」をテーマに毎土曜日メルマガ発信中です。
社会・教育の環境問題について考え取り組みます!
川口正満
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

観光立国の推進を

観光立国推進基本法が本年1月1日から施行。
アジア諸国からのインバウンド国際観光客を増加策も大きな目標である。
が、民間人ができるおもてなしの人づくりと、ガイドなどのプロフェショナルの育成はいかに?
また、外国人にやさしい公共交通や宿泊施設の環境整備はどのように進められているのでしょう?

一方、友好都市づくりや、青少年の国際交流などは国際人の育成・人づくりになるので大いに進めたい!
世界各国に真の友情を芽生えて、将来的な友好関係を蓄積できるように!

また、「産業観光」が、新しい法律にもまだカバーされず、国を挙げた振興策が今一歩。
というのも、「産業」の分野は、経済産業省主管であり、国土交通省の「観光産業」とは一線を画しているようだ。

「産業観光」により、商工農林業のキラリと光る見学先との交流を通じて、意欲的な人々と先進的な企業との関係づくりを大いに推進していきたい。
また公的な施設を積極的に視察見学し、公務員、指導員などと交流を拡大し、官民一体的な国づくりを進めたい。
産業観光は、地域の活性化となり、人づくり・町興しの引き金になることを確信している。
産業観光研究会ブログにお立ち寄りください。
AMIPLAZA ECサイトからメルマガをどうぞお申込みください。今月は「地域活性化」をテーマに毎土曜日メルマガ発信中です。
社会・教育の環境問題について考え取り組みます!川口正満
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

敬老の日、高齢の農家後継者を何とか確保を

食料自給率40数%も、国内の農業生産者があってのこと。
石油価格の高騰の中で、商品市況も高値安定。
輸入農産物や、資材も高値安定でトホホの最近。

地方山村では、高齢の農家が、「来年はやめたい」と最後の頑張りをされている夫婦が多い。
息子たちは、お勤めが安定して良いらしい。

ホントニ農業を兼業でも、あるいは、なんとか継ぎたいので、「担い手を紹介して欲しい」など農業の重要さを認識して欲しい。
国や県もようやく対応策に動き始めている。

山梨県では、毎年、耕作放棄地が拡大中。
県の食料自給率25%を改善できないか?!
横内知事も「遊休農地が拡大すれば、果樹農業は崩壊してしまう」と指摘し、農業のあり方を、施策の展開を検討している。
やまなし農業ルネサンス大綱」を作成し、今後10年間の計画に着手する。

担い手の確保と育成や、販路の拡大などについて工程表を作成する。
グリーンツーリズム、観光農業、異業種からの農業参入などを奨励していくというが。。。 さて?

団塊の世代の皆さん、定年退職後は、農地にて汗を流し、農作物を生産する難しさ、重要さを体感しそして、「農と食」に接してともに喜びを分かち合えるように積極的に取り組みませんか?

尚、Seesaaの記事ジャンルに「農業」が見当たらないゾ!
ショッピングに、「食品」はあるが、「食料」や、「農業」という国民的な重要テーマがあってもよいのでは?

AMIPLAZA ECサイトからメルマガをどうぞお申込みください。今月は「地域活性化」をテーマに毎土曜日発信中です。
経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
社会・教育の環境問題について考え取り組みます!
川口正満
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

食料品、生活用品も次々と値上げ!

これだけ原油高騰が続き、石油市況が“高値安定”であれば、さまざまな商品の原材料価格も値上がりして当然。

大手企業は、間接経費などを節減できる余力・体力がある。
イトーヨーカ堂、イオンなどマンモススーパーは値上げを政策的に抑えて、「生活応援」している。
客離れ、客数減少」を抑えて、売上減少の競合環境に対して防戦している。
すかいらーく、マクドナルドでもいよいよ値上げを決断!

が、中小企業、個人事業の店舗は、持ちこたえられない!
はて、さて、売上を維持するために、客数 x 客当たり単価 のどちらを、どのように維持するか?
通行客 x 入店率 = 入店数
来街者を増やすための、町を挙げた、共同取り組みが基本でしょう。

個店では、どのように、店舗の魅力を訴求して、店舗力を向上させるか!
そして
入店お客様 x 購買率 = 客数 
商品力・サービス力を差別化して訴求できるかどうか、
リピート客を維持できるかどうかが鍵でしょう。
さらに、お一人様のお買い物点数を増やせるように、ホントニ「増客増収」のため創意工夫が必要ですね。

従業員全員や、友好的なお客様たちのお知恵も貸してもらってはいかがでしょう。
消費者は、財布の紐をいっそうきつく結びましょう。

一方、農業資材・食品も値上がりしている。
地元での「地産地消」を大いに推進するべきだ。
生活者は、野菜などを自家生産できる場合や、遊休農地の活用と生産奨励により、自家消費を積極的に増やすように取り組みませんか?

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
AMIPLAZA ECサイトからメルマガ「地域活性化 特集」どうぞお申込みください。
社会・教育の環境問題について考え取り組みます!
川口正満
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

高齢者が担う?地方の農業

80歳を超えたご夫婦がすばらしい農作物を地元の直売所に出荷している。
品質に関して評判が良いベスト3に入っている。
聞くと、60歳を超えてから専業農業に従事したとのこと。
昔は大きな養蚕家であったので、山の斜面から桑を切り、お蚕さんに挙げたことなどで足腰が鍛えられたとのこと。

さて、ご子息は、金融関連にお勤めで、全く後継する意思がないとのこと。
いよいよ来年は借りた畑を返して終了にしたいとの意向あり。
団塊の世代の我々でこのすばらしい農作物づくりと出荷をなんとか継続したい!
昨日見学させてもらった畑には約10種類の野菜が上手に手入れ蛾行き届き植えられていた。

追って写真を掲載しますね。

秋の実りが楽しみですが、いつまで続けられるか?
そして平行してなんとか「農業の担い手」を探すチャレンジが実るかどうか???

AMIPLAZA ECサイトからメルマガ「地域活性化」のご購読をどうぞお申込みください。
AMIPLAZA経営支援塾では社会・教育の環境問題について考え取り組みます!
川口正満
タグ:直売所
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

地域活性化にはできるところから着手実行!

「やるっきゃない」という名言がありましたが、そのとおりですね
若者も、お年寄も、地域を活性化するためには、できるところから着手実行です。

とは言っても多くの難しい課題があります。
その地域で、商店街で、農村でできることは、「人的資源や観光資源」をどのように活用できるかどうか!!これに掛かっています。

上手く活用できた地域では、右肩上がりの発展が見られます。
が、関係者の協力が空回り、
見ているだけで、実行が伴わない、
行政にお任せや、受身の姿勢?
これでは、良くしようとしても、できないでしょう。
 ジリ貧となり、商店街は寂れる一方。
 町は活力や魅力が失われています。

そんなこんなで、「地域活性化」についてメルマガを毎土曜日に発信しています。
皆さんとともに考えて行動していきたいですね。
AMIPLAZA ECサイトからどうぞお申込みください
社会・教育環境の問題を考え取り組みます!
AMIPLAZA経営支援塾 店長
川口正満
タグ:地域活性化
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

農業生産にできるところから取り組みを

食料自給率の確保という国家的な農業政策を考えるとき、次の問題をどのように取り組むか?
畑や農家の方々とも現場の実情を話すときに特に感じる解決しなければならない課題です。
1) 農業の後継者の確保
「せがれ」や、婿がいても、勤め人の方がよいと“総合的に”考えている若者も多い。
2) 田舎での高齢化による農作地の荒廃化
3) 農作物の収益率が低い
4) 獣害などで丹精込めた農作物が荒らされてしまう
5) 遊休農地が増える一方で、“草を刈るための作業”が増えている

国や県の農家支援や農業建て直しの施策を期待すると同時に、やれることに取り組みませんか?
1) 例えば、身近にできるところから、団塊世代の退職組みの農業従事を促す

2) 若い力に、「農業の魅力」を提示して帰農、就農を促す (10年計画でしょうか?)

3) “少量多品種“の生産でも成功している小グループでも、成功事例に学ぶ

4) 小学校には、貸し農園や「農業小学校」を拡充し、農業の重要さについて体感教育する

5) 中学生には、草取り、もぎ取り、販売など、大いに農業と接する機会を増やす

6) 農林高校の拡充と、カリキュラムには商店街や消費者との接点を積極的に増やす

7)農業大学生には、一段と積極的な社会への働きかけを具体化して欲しい。
昔は、「農繁休業」があり、農家の方々の多くのことを教えてもらったことを思い出しながら。。。
 (尚、農繁のうはん では変換できませんね)
経営支援塾
AMIPLAZA ECサイトにもお立ち寄りください
川口正満
社会・教育の環境問題についても考えませんか?
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

街元気プロジェクト

経済産業省が本格的に地方の活性化についてWeb上で支援施策を展開トしています。
もう街元気プロジェクト を皆さん利用されてますね?
このサイトには相当の開発経費を費やしているでしょう!
すでに、読者様の街では、成功事例として掲載されているのかも?

街・地方都市が活性化するヒントが満載。
E-ラーニングも無料で受けられるとのうれしい情報発信。
が、現実的な行動が基本
それぞれの町の事情と条件も異なります。
それなりの取り組み方法にて、今よりもよくなるような改善・努力をしていきましょう!

「仲間を増やす」ことの重要な課題についても、ともに取り組み、解決していきましょう!

次のブログにもお立ち寄りください
産業観光研究会
AMIPLAZA 経営とIT利活用を考えます
環境問題を考え取り組みます!
ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
・・毎土曜日「増客増収」や、「地方の活性化」についてメルマガを発信しています。
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

小さな旅 山梨県増穂町

ゆずの里で有名な、山梨県の増穂町が、NHK総合テレビで放映されます。

7月15日(日)8:00〜8:25 どうぞご覧ください

南向きの山にゆずの木がいっぱい。

すばらしい大きな色つやの良いゆずを首都圏に供給しています。

県人会の皆様、里山にご関心のある方はぜひご覧ください。

また、産業観光研究会では、
産業観光 第6回 8・25(土)「山梨県の森林資源の現況と展望と、穂積地区の魅力を発見!」で同ゆずの里 穂積地区をマイクロバスで訪問します!

お昼には、いち柳ホテルにより峡南地方の郷土料理弁当が初公開されます。
「森林と共生する」2つのグループの映像を鑑賞しながら、ご賞味ください。
詳しくは、ブログご案内をご覧ください。

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

クアハウスは療養の家

高齢化と、ビジネス社会でのストレスが社会問題化して“癒し”の必要性がますます高まっています。
今、温泉郷でクアハウスとしての健康・癒しの意義が見直されています。

山梨県の下部温泉郷は、武田信玄の隠し湯として湯治湯として有名です。
休養、保養、療養の「三養」に最適な温泉郷でしょう。

2006年、摂氏51度、湯出量毎分445リットル、アルカリ性ながら硫酸塩泉系のマイルドな単純温泉という新温泉源が掘削されました。

ペーハーは9.3の高いアルカリ性で、浴後最高の湯上り状態になれるそうです。

心と体の癒しを満喫できるヘルス・ツアーとして、下部温泉卿にて命の大切さや長寿を体感してみませんか?!
ホテル守田は、 ホームページのドメインに“いやすドットコム”と命名。
依田武司社長は、下部観光協会の会長でもあり、身延町商工会の観光部長でもあります。
皆様をおもてなしできることを下部温泉郷の関係者とともに心待ちにしております。
産業観光研究会
川口正満
AMIPLAZA経営支援塾にもどうぞお立ち寄りください 毎土曜日「増客増収」のメルマガをご覧ください 
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

中丸薫とミネハハ

ナント、中丸薫 ミネハハとともに、人生を味わえる!!
日本について考え、人間や世界についてともに考える!
山梨県でも、国際的に活躍する中丸薫 ミネハハの講演と音楽を聴けるのです!

主催は、甲府市の深沢邦秀税理士事務所
会場は、増穂町が誇りとしている増穂町文化会館
日時は、6月23日(土)17:30からです

お早めに前売り券2000円を手当てしませんか?

産業観光研究会 人々と産業の交流を通じて地域活性化を目指します
川口正満
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域活性化に取り組む主役たち

格差や過疎の問題が深刻です
そこでキーワードKについて考えましょう

マイナス局面は、格差、過疎、空洞化や、後継者問題、高齢化、経済の低迷でしょうか?
そこには、苦境、困難や苦労の側面があります。

では、だからどうする?
どんな手を打つ?
解決の打開策は?


地方自治体の行政は、金ナシ、職員不足などで多くは頼れません、
決して頼っても救いとなりません
やってくれる(だろう)と期待し、待っていてもよくなりません

自分たちの街づくり、おらが町を創るために
自分たちで立ち上がってみましょう!
一丸となって総力を挙げて!

そこには、夢のある明るいKがあります!
共同、共生、“協創”です
活力を持った、活性化
の具体化です
家族の力を合わせた
語らいと交流のある活気ある街づくりです!!

パワーのある・意欲ある人々や団体の力を引き出しましょう
例えば、
ヤングには、創造広場を創るように場を提供し、独創的に盛り上げてもらいましょう
学生は、学園祭や文化祭を街中で四季に応じたテーマで、彼らの主張をアピールします。

団塊世代のシニアは、文化芸術などの作品を展示し、自己実現の機会を増やしましょう。
元気なシルバーも多いので、生涯学習活動のリーダーとして活躍してもらいます
また、農業体験や、森林・環境を守るために、お仲間たちとともにそのエネルギーを活用しませんか?
お勤め人には、地域の活動や、環境問題の取り組みをするための有休を大いに推奨しましょう

それぞれの意見を吸い上げ、行動に反映して、活動の具体化に結びつけましょう。
そこには、活き活き、元気な人々が、明るく夢と幸せを感じられるように!
そこでは、互いに感動をともにし、喜びや満足を共感していることでしょう!

産業観光研究会 人々と産業が交流し地域を活性化します
経営支援塾 中小企業の経営を活性化します
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、毎土曜「増客増収」のためメルマガを発信しています。今月のトピックスは朝市”直買”所です。

地域の教育・環境問題について考え取り組みます
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

市街の活性化と山村の過疎の共生を

地方都市の市内中心部が寂れて、過疎が発生!
また山村部では、高齢社会がますます深刻化し、過疎が一大社会問題となっている。

都市部の商店街などの活性化を図り、平行して田舎の活性化もできるように!
この「共生と協創」を目指して、老若男女が参画型の地域活動をできませんか?!

経済社会・文化教育の課題について、ともすると対立するような課題について、対比して
「相互交流」を基軸として、共生プロジェクトを推進しませんか?

都市部と農村の検討課題と相互交流インターフェースのポイントについて添付ファイルをご参照ください
都市と農村の共生

産業観光研究会
経営支援塾
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、毎土曜「増客増収」のためメルマガを発信しています。
地域の教育・環境問題について考え取り組みます
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

“2つの過疎”の打開策は?

地方都市は、中央との産業・情報・文化さらに教育などの格差が明らかだ。
例えば、甲府市は人口約20万の県庁所在地だが、深刻な“市内にある過疎“問題に直面している。
近年、近隣市町に人口が移動。
昼間人口はやや多いが、夜間人口はホントに昔から住んでいた高齢家族のみ。
夜は、7時頃にはすっかり寂しい街中となってします。

市内の小学校は、3校が1校に併合され、小学生たちは交通量の多い商店街を不便で危ない通学を強いられている。
県内でももっとも大きかった3つの小学校が閉鎖統合されたことには驚いた。

春日モールなど商店街も空き店舗が多い。
地方都市に見られる、“市内や商店街の過疎“の実態だ。

山梨県には多くの市町の商店街が閑散とし、シャッター通りとなっている。
さらに、中山間地域は言うまでもなく、過疎状態!
少子高齢化と、若者が県外就職するので、担い手がいない!

全国の各県でも同様でしょう。
さて、これらの過疎問題を打開する解決策は?

甲府市と、県内の南部山間地域の峡南地方にあるに“2つの過疎”KKを解決しようと
NPO共生プロジェクトKKが2年前から取り組んでいます。
県外の方は、その活動について、産業観光研究会ブログでどうぞご覧ください。

明日、市や町の商店街と、山間地域の過疎問題を解決するために、市内と山間部の「対立軸」について考え、打開策となる糸口を考え、解決に向けて取り組んでみませんか?
経営支援塾
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、毎土曜「増客増収」、「地域活性化」のためメルマガを発信しています。
地域の教育・環境問題について考え取り組みます!
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

近隣の農産物直売所で、直買を!

全国で農産物の直売所が好評です。
地産地消、食育のためにも、地域活性化のためにも!
特に主婦と、高齢者にやさしく採れたて、もぎ立て、掘り立ての農産物のお買い物ができるように! 

JAを中心とした農作物の直売所は、今や消費者=生活者を中心とする “直買所に生まれ変わりませんか?
子供たちとともに、孫たちと一緒にご家族でも新鮮野菜を“直買”できるように直買所を大いに利用したいですね!

山梨県内では、次の直売所で今日も農家と消費者が密接なコミュニティー・コミュニケーションを創っています。

JAふじかわ
増穂支店直売所:地元のリピート客には好評ですが、店舗が狭く、新規客の増加に難点です。
 *平林直売所: 平林地域の活性化の一助として新鮮野菜を販売。販売力の強化が課題。
 *穂積直売所: ゆず関連の直売が中心で、野菜は供給が限定され、連携事業を具体化したい
 *中富直売所: 曙豆、豆腐、みそなど地場の特色を生かし付加価値商品が評判となっている。
 *春日モール共生プロジェクトKK:毎月第2土曜日に中富・増穂直売会が参画し、好評です。

JA西八代
 *みたまの湯(のっぷいの館): 温泉客を中心に、ドライバー客のまとめ買いも多いようです。
 *鰍沢駅口前: JA西八代女性部数名が7日と22日に20年余夏季は5時から実施している。

JAふえふき
みちの駅とよとみ直売所: ドライバー客などに促成栽培野菜などが好評で、成功事例として知名度が浸透してきています。 
 
中央市「た・から」: 中央市と連携した組合員150名の活動が2年目となり評価されつつある。
 
南アルプス市JAこま野直売所: 果樹を中心とする商品力・販売力はやはり醍醐味があります。
経営支援塾
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、毎土曜「増客増収」、「地域活性化」のためメルマガを発信しています。
環境問題について考え取り組みませんか!
経営支援塾は中小企業や商店街の活性化を支援します
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

高齢者にやさしいお買い物を!

車社会で、商業機能が郊外化し、多くの商店街はシャッター通りとなっています。
若者は、郊外にあるスーパーへ車で排気ガス(二酸化炭素CO2)を吐き出しながらお買い物。

が、お年寄りは、最寄の小売店で便利にお買い物できません。
毎日の食卓に欠かせない生鮮3品を地元のお店で快適にお買い物したい!
お年寄りが一人では、量販店では広すぎて安全安心して買い物できるでしょうか?

朝、孫たちとも歩いてゆとりと温もりのある広場に集い、買い物できるように!
自転車で運動しながら、健康的にお買い物できるように!
明るく楽しくお仲間とともにお買い物したい!

そんな“朝市”があると、キット元気で長生きな人々が活気ある街づくりできるでしょう!
商店街とも共同共生して、食品以外にも楽しいお買い物の賑わいが生まれるでしょう!

農家の生産者も高齢化しています。
が、朝早くから農作業して、収穫し、そして販売への喜びを大きく育てたいですね
商品ラベルに“生産者名”が明示され、安心できる自慢の農作物を多くの皆さんでいただきませんか?

生産者と消費者がもっともっと身近になり、農産物を中心とする街づくりをしませんか?
農産物の生産―流通(包装・出荷・運送・販売)―消費が互いに近くて、便利にできるように!
農家(生産者)と、生活者(消費者)がやさしい温もりの関係づくりのために!
“チョウ新鮮で、特別価格”の採れたて、もぎ立て、掘りたて野菜を“直買”できる!
町内の顔が見える農家の自慢の農作物を家族とともにお買い物!

大手スーパーには真似できないような、家族的な優しいお買い物ができるように!

そんな人々が元気に明るくなるような“朝市”を全国で展開しませんか?!

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
経営支援塾 経営活性化を支援します
川口正満
「産業観光」を推進しています

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

南アルプス市桃源郷マラソン大会

南アルプス市となり早や5年。
第5回桃源郷マラソンは、5000人のランナーが走りました。
家族で、カップルで、高齢なベテランランナーも。
そしてゲストランナーの弘山晴美さんも森脇健児さんも!

桃の花は今が最高に満開。

まさに桃源郷.JPG

南アルプス市の地元の団体や全市民が大歓迎して、盛り上がりました。
スタート5分前.JPG

先ず、3.5kmコースを親子や、カップルが絆も強く走る!
その1600人のスポーツ・エネルギーはすごいゾ!
いよいよスタート.JPG

石川市長の号砲を待つ、選手たち、役員には、田舎風というか、家族的なぬくもりいっぱい!
さあ、スタート!

いってらっしゃい.JPG


走り始めると、楽しさよりも、競争の中で、完走に向けて汗びっしょり!
まだ余裕です.JPG
ランナーは、IDチップを着け、自動的にタイムを計測される。
小学生がこの“走る機会”や、仲間とそして親とともに“走れる大会!“
このビッグイベントお蔭様にて陸上競技のレベルはこの10年余りとても高まった!
中学生・高校生は、勝つことの楽しみを覚え、質実剛健、健全な肉体と精神を鍛えられる!

若者たちは、実力練磨や、大きな大会への挑戦する意欲を身につける!
地元の人々は大きな行事の成功のためにともに参画して喜びを分かち合える!
大きなロードレース・マラソン大会には、開催してくれる市町村には心より感謝したい。
ホントに人づくり・まちづくりと、明るい未来創りです!!

(来年は、仲間とともに“走ろう会”にて練習し、キット挑戦しようと心に決めました)
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

統一地方選挙と候補者・公約を厳しく見極めましょう!

国政選挙と異なり、統一地方選は身近な地域の代表としても候補者と公約を厳しくチェックしませんか!

“地方の時代!”が県会議員や町会議員の行政手腕を通じて具体化される。
* 投票を通じて生活者と家族たちが、議員さんたちに対し、どのような優先的な政治課題を託するのか?
* 人々が政治を身近に手繰り寄せ、自分たちの「明るく元気な社会を」創れるように統一地方選挙を意義づけませんか!
* 今の世、地方の政治から、活路を見出し、安心安全な生活ができるよう世直しが必要ですね!

☆出たい人より、出したい人を!
停滞する地方経済や、問題が多い教育・福祉に対して「革新的で、創造的に対応できる人を!
お年寄りや若者たちの声を吸い上げて、「政治に反映できるリーダーを!」  選びませんか!

候補者には、次の視点でも本人について総合判断と、公約に対するチェックをしましょう!
* どのようなビジョンをもって地方政治に取り組むのか?
* どんな方向で、地域のあるべき姿を実現していくのか?
* どれほど町や生活者にとって力になってくれるのか?
* 県や、町の“未来創り“のためにどのように推進役となってもらえるか?

県議選では、「県とのパイプ」も大事ですが、「市・町との一体的な政治活動」も不可欠です。
市民・町民との“一体感ある”政治姿勢と日常的な行動が必須でしょう!
生活者を本位とする視点・目線で政策を考え、具体化できる人か?

公約には“実現性”があるかどうか!
「医・食・住や、教育・農業・産業」などの“生活課題”に対して的確な打開策を盛り込んでいるか?
政策ブレインには、“行動計画”の作成も問いたいですね!

このブログ読者は若者だけでしょうが、このような期待を込めて、ご家族とも話し合いませんか?
そして明日または、今後の統一地方選にはホントに「清く尊い投票」をしたいですね!
生活=政治であるので、政治をもっともっと身近にして“住みよい明るい社会を創っていきましょう!”
経営支援塾は中小企業、商店街の活性化を支援します
環境問題を考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは、本日「増客増収」のため「5現主義の点検徹底」メルマガを発信です。
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

自然に触れよう、鳥や虫に会いたい

中山間の山村で自然体験プログラムが行なわれています。
山梨県増穂町の平林活性化組合でも、「植林とキノコの菌床体験」が行なわれました。
指導者や農家の皆さま、大変有難うございました。
植樹には名札を立て、10年後が楽しみです。
原木しいたけは、来年秋までおあづけですが。。。
おいしいほうとうや、ものすごい自慢の大根もいただいたり。

ところで昔は、小学生でも近くの畑や河原で先輩たちとともに遊べたのですが。。。
今では、河原はすっかり農地区画整理され、小川がコンクリートブロック河川に変容。
竹やぶはなくなり、竹小屋を作ったり、ドン土焼きもできなくなりました。
野山へ自転車で行って、チョット、秋の実りをいただく楽しみもナシ。

農繁休業」で大人たちとともに汗を流して手伝い、農作業について教えてもらった体験を忘れられません。
今、農林業の年老いたお爺さんたちと、県や役場の職員たちに指導された自然体験プログラムを通じて自然に触れ合います。
子供同士の自由度が少ない「大人に管理され、子供たちの狭い不自由な世界」となっています。
往復は、親の車に乗って、保護されて。 終了時間になれば、はい、おしまい。

このような環境で、伸び伸びと遊び、学んで、自主性のある闊達な子供たちが育つのでしょうか?
上手に集団生活ができ、協調性のある子供たちを期待したいのですが。。。
互いにしんせつに思いやりのある支え合える子供たちに育って欲しいのですが。

自然とのふれあい、泥んこだらけの中で、たくましく育って欲しい!
お受験のメガネもやしには、運動の大切さを子供の仲間たちが教えられるように!
ガキ大将がいてもよい、いじめられた子供がいれば、子供同士で勧善懲悪できるように!!

たくましく、明るく、元気な子供たちが、自由に自然や農業とふれ会えるような社会を創りませんか?!
そこには、「安全・安心・信頼」と、「健康・健全」なあり、温もりのコミュニティーであり、家族愛がいっぱいの魅力あるふるさとではないでしょうか!!
経営支援塾 中小企業と商店街の活性化を支援します
環境問題について考え取り組みます!
川口正満
ECサイトAMIPLAZAでは「増客増収」メルマガを発信しています どうぞお立ち寄りください
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 11:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

産業観光と地域活性化

しばらく発信できませんでした。
この間、産業観光研究会のブログでは、19日の第1回増穂町の魅力発見!実施関連などについて発信していました。
が。。。
産業観光は「新しい観光」であり、その具体化について、山梨日日新聞3/21記事もご参照ください。

出発前は、全員が揃うかどうかやきもきし、バスの団体行動についてもワクワクドキドキ。
「老若男女が集い、語らい、情報交流」できるように願いながら、28人乗りの中型観光バスで産業観光を具体化できました。

見学先と、参加者皆様、スタッフのご理解とご協力お蔭様で、「満足できた」との声を多くいただきました。

山梨県森林総合研究所、はくばくでは大変温かく迎えていただき、丁寧な解説や見学をさせていただきました。
大変有難うございました。

産業観光は、テーマに応じて、参加される世代やグループによりご関心と期待度が異なります。
この点を熟慮しながら、改善点として次が挙げられます。
1 知り合いになれるように、ディスカッションの時間を:
 ・昼食時に、余裕をもった懇談の時間をとるように工夫したい。
 例:
 ・次回は、初めての方ともお話できるように席割を決めてみます。
 ・閉会時に全体に関して、また今後のご要望を聞く時間を設けたい。

2 学生のご関心、視点に関する企画を検討する:
 ・工場見学を中心として、予めの質問の用意や、質疑応答などの時間を十分もちます。
 ・関心を引き出し、意欲的な姿勢を「参画型」に盛り込むよう工夫したい。
 
3 移動と車内の説明など:
 ・スタッフが場慣れして、親しみを持って余裕あるガイドができるよう努めたい。
 ・「産業観光」のプロを目指したいですね!
 ・スタッフを増員して作業を分担し、気配り目配りを利かしたい・

地方地域の活性化までは遠い道のりですが、千里の道も一歩から!
全国で産業観光活動を進めている皆様には、情報交流の程どうぞよろしくお願い致します。

IIEN.Y登録「産業観光研究会」
第2回4/28(土)増穂・鰍沢の自慢の企業・施設の見学を!ご参加しませんか?!
  川口正満 経営支援塾
人とまちを創ろう甲斐!地方の活性化を目指します。
 
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。