2008年09月17日

直売所で地域を元気に明るく活性化しよう!

全国で、直売所や「朝市」が活発に行なわれ、地域地元から大いに支持されている。

80万県民の山梨県でも、直売所事業は昨年へ16%増加し、41億円の売上を上げている。
16の「道の駅」や、30以上の直売所があり、その内、1億円以上の売上施設は13箇所。
農家は100軒以上が団結して新鮮野菜を毎日提供している。

山梨県では、「農業ルネッサンス大綱」を作成し、山梨の農業を再生するため将来像や、重点目標、具体的な数値目標も提示している。

「鮮度、低価格、安全安心」を求める消費者は、今後とも地域地元の直売事業を支持するだろう。
高齢社会となり、地域地元で歩いてや、自転車でいける直売所や「朝市」の意義は大きい!
農家と、地元の消費者、主婦パワーが中心となり、「地産地消」をますます推進したい。

さて、JA全農はどのような方針で農業従事者を支援強化しているか? 農家の生産奨励を旗振りするべきJAグループは「直売所事業」をどのように意義づけているのでしょう?
JAグループはともすると「貸付や共済事業など」の金融事業に優先的に注力中。
農家に対する営農指導や、地元の特産品の販売拡大などについて、農家からの不満が多いようだ。

地元の市町村で、直売所や「朝市」が行なわれていない場合、市町村やJA全農の農業政策に問題があるのでは??

農業の復活と国内の食糧自給を高めるために、地域地元が「元気に明るく活性化」できるように
先ずは、身近にできる「直売所」事業を地域ごとに大いに推進しましょう!

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで交流しませんか?
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください



posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

若者の力で第一次産業を復活しよう!

わが国や地域を「元気に明るく活性化」できるのは若者である!
政治家も、地方自治体も、そして“若者たち自ら”があらためて認識して取り組まなければ!

その第一段階は、第一次産業の農林漁業の復活再生である。

若者パワーにより国産の農産品を増産し食料の安定確保を実現しましょう!
森林資源を保全し、防災対策を広めて、国土の保全に取り組みましょう!
漁業の重要性に光を当て、海や湖沼と共生して美味しい動物蛋白を確保しませんか?

都会の若者たちは、半数ほどが「田舎暮らし」に関心があるという。
地方や地域に魅力を創造し、若者たちの帰農や移住・定住を促進しましょう!

山梨県の北杜市に活動するNPO法人えがおつなげては県外からの若者を多数受け入れて
さまざまな事業展開をしています。
曽根原久司代表から活発な事業展開について2度お話を伺い、強く感動しました。
北杜市白州町のえがおつなげての現場に皆で見学させてもらいたいですね!

農業従事者や、「地産地消」の取り組みには、積極的な支援・補助を急ぎましょう!

国・県・市町村がそれぞれ1/3づつ拠出して、「ふるさと創造活動」を推進しませんか!
ふるさと創生21世紀版として、都道府県ごとに一億円ほどのふるさと創造基金を拠出します。
若者たちの力により日本が再生して明るい未来づくりするために投資効果は大きいでしょう!

遊休農地(耕作放棄地)の利用にも若者パワーを活かしましょう!
「地産地消」を促進するよう「直売所を手づくりで設営」するために若者の知恵とエネルギーを盛り込みませんか?
若い女性たちにも、農産品の販売や付加価値作りに参加してもらいたいですね!

若者たちが連帯して夢をもち、地域を活性化し、わが国の未来づくりに立ち上がるよう期待しています。

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください


posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

地域の活性化 キーワードは「主婦パワー」

地方にも大型店が次々と進出。
大手企業の資本力による市場戦略は争奪戦である。

「集客合戦」により、食品などが安く提供してくれるのは消費者にはうれしいが。。。

しかし、郊外へ車でお買い物なので、排出する二酸化炭素CO2は膨大!
運転できない高齢者や、近年多くなっている免許証を持てない人々には??

量販店には毎日何台の車が、往復するのでしょう?
ハテ、その二酸化炭素CO2の排出量は?
量販店や地方自治体は、その概算値を公表するべきです!
車の大移動は、地球を温暖化し、地球と人類の将来にとっても困ったことなのです!

そこで、地域の活性化を主婦の手により取り戻しませんか!!
地域ごとに、「朝市」を行ない、歩いてか、自転車で買い物ができるように小商圏の地域ごとに主婦が中心となり「温もりのふれあい広場」を設けましょう!

山梨県の塩山、勝沼、山梨市の駅前では、週を代えて「朝市」が開かれます。
JR中央線に乗って近隣の「朝市」に出かけ、さわやかな朝、取れたて野菜やくだものをお買い求めする家族が多いですね!

主婦が、活発に行動できると家族が明るくなります。
連れて、子どもたちも老人たちも活動の輪、仲間に加わってきます!
地域活性化とは、人々が「元気に明るくなるように!」

高齢者も子どもたちも気軽にお買い物できるような、「お買い物と集いの環境」を地域ごとに創りませんか!?


posted by 中小企業診断士 川口正満 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

公的施設の差別的な料金設定をなくしましょう!

市町村の施設として図書館、プール、温泉、会館などがある。
各自治体において、行政が建設費や運営の補助費を負担し、利用者が利用料を支払い施設の運営費が賄われている。

住民からの税金を充当しているので住民を優先し“町外からの利用者”には差をつけた料金設定が多い。
が、この「利用料の差別」をなくし、できるだけ自治体の境界を取り払い、広域的に「人々や情報の交流」を積極的に推進できないでしょうか?

市民以外でも同一料金を設定している市や町の例も多く見られるが。
これらの公的施設を「互いに差別なく利用」できるような行政サービスの向上と変革を望みたい。
利用料金の差は、行政上の一つの障壁ともいえ、広く、市民が交流できる機会と場を狭めているといえる。
このマイナス面について行政は認識しなければ!

同一料金により町外からの利用者数が増加し、収入増加と市民の交流のプラス効果がある!
この差別的な料金設定の解消を皮切りにして、広域的なイベントやスポーツ大会などを大いに共催して住民の活力を高めていきたい。

もちろん、地域地元の独自の祭りなどは、互いに「後援や協力」をして、市民が交流の輪を広めたい。
「道州制」などが話題となっているが、現場レベルで「人・物・金・情報が風通し良く交流」できることが先行しなければいけない!

地方自治体はもっともっと互いに近隣市町村と連携を強め、また競争意識をもって行政サービスの改善向上に努めて欲しい!

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください


posted by 中小企業診断士 川口正満 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

建設業者は農林漁業への積極的に参入を!

わが国の農林漁業の第一次産業は、高齢化と国の振興策・支援策が不十分なために「食料供給力・国土の環境保全」が深刻に落ち込んでいる。

山梨県建設業協会都留支部は、道志村の遊休農地を活用して農作業に取り組み、地域振興の事業化に立ち上がった。
今後、みそ、豆腐などの加工品の製造も予定している。
チョットしたニュースとして山梨日日新聞社に報じられた。 

が、国のタテ割り行政に対して是正を提言しなければ!
建設業は国土交通省の管轄下、そして農林漁業は、農林水産省の管轄下!

これまで、互いの業際・業務分野の境界を越え、民間パワーを発揮できるよう柔軟に参入できなかった。
各種の法・条例に縛られ、地方自治体の縦割り行政にも拘束された。
近年、国土交通省は建設業者が他の業種業態に経営革新するよう指導している。

が、
建設業者が農業分野でも活躍でき、耕作放棄地・遊休農地を開墾し活用する
食料を増産して「地産地消」に貢献する、
山林の保全や、林道の整備、間伐材の処理などに関して
  森林組合と協調して取り組む などの
タテ割り行政の規制緩和を即刻実施し、新規参入を積極的に支援しませんか!?
そうすれば、地域活性化や食料自給率の改善も具体的に見えてくることでしょう!

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください


posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

県議会議員の活動について知りましょう、期待しましょう!

国政では、行政改革か、財政改革か自民党総裁候補が激論を展開中。
さて、47都道府県の地方自治体における行財政改革はどのように進展中?
県政においては鍵を握るのが、県会議員である!☆住民の代表として地域の期待を担って県知事や県庁職員とやりあっている。
☆市町村の首長や、市町村職員との駆け引きや、友好的なコミュニケーションも問われている。

さて、各都道府県の議員は次の質問にどのように答えていただけますか?
1)ホームページやブログを開設している方は?   どのように県政について積極的に情報発信しているでしょうか?

)「活動報告書」はどのくらいの頻度で提供していますか?
   支持者以外の県民が見たい場合はどこで見られるのでしょう?

3)選出された市町村の首長などと定期的に懇談していますか?
   もちろん昼間に! 「政務費や会議費」を使わないで地域の問題点を解決するために!

4)住民との懇談会・報告会をこの数年でどのくらい行ないましたか?
   地域住民たちの生活実態やニーズについて知り、陳情や請願に結びつけていますか?

5)県の方針や施策について積極的に普及推進に努めていますか?
どのような方法で、どのような活動グループとともに行なっているのでしょう?

6)通勤の交通費は、「費用弁償」に関してどのようにお考えでしょうか?
   地方公務員の人件費削減などが実施され、財政再建にさまざまな取り組みが必要です。
議員の給与と必要な費用についてお考えを開示されませんか?

7)どのような公務・役職につかれているでしょう?
   業界団体や地域に役立つため要職を勤めることが重要です。その活動について広く開示してください!

以上、取り急ぎ7つの質問です。各県会議員様のご回答を期待しお待ちします。

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

農業者は第六次産業を目指しましょう!

農林漁業は、産業分類では第一次産業!
わが国では、第一次産業の衰退がはなはだしく、極めて大きな国家の存亡に関わる政治的課題でもある。
第一次産業は農畜産物の生産や、森林、漁業での生産活動とされている。
さて、農畜産物の生産に加えて、それらの食品加工(第二次産業)を行ない付加価値を高める

さらに、流通、販売(第三次産業)にも農業者が主体的に創意工夫する事業展開が求められている。
加工賃や流通マージンなど第二次・第三次産業の事業者が得ていた付加価値を、農業者が得られるよう新規に事業化する。

この新しい取り組みを第六次産業と意義付けて農業を総合的に活性化しようとする。


第六次産業とは、農業本来の第一次産業と、第二次・第三次産業を取り込むことから、
第一次産業の1と第二次産業の3、第三次産業の3を足し算する(または掛け算する)と「6」になることをもじったもの。
例えば、
*地域ブランドの開発、
*ECサイトなどで会員制ネットワークによる直売の販路を広める

*「朝市」や道の駅などの直売所で消費者への直接販売、

*食育のワークショップを通じて、付加価値商品を開発し、地元住民が運営するレストランで販売する

*観光農園に観光客を招いて、体験型で収穫に参画してもらい、収益を得るなどが挙げられる。


どのように地域資源を活かして、どのように計画・実行・反省のマネジメント管理をしていけるかどうか?
経営の基本である「企画・組織化・運営・広報・情報活用・会員管理そして人材育成」などのプロセスにおいて難題がある
地域の限られた経営資源をどのように活用して具体化していけるかどうか、「地域の底力」が試されますね!

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

農業で起業をしましょう

人材派遣のパソナは、就農を希望する若者を支援する「パソナチャレンジファーム」を9月から始めます。2011年には全国10箇所に広げ「農業で独立」を促すよう取り組みます。
既に農業を一定期間体験できるインターンシップ事業などの研修・就農支援を秋田、青森、和歌山で進めておりこの事業の拡大版です。

このような大手企業が地方自治体と協力して、農業に若者が参入できる「機会と場づくり」を大きく仕掛けて欲しい。

山梨県農業法人株式会社サラダボウルは、農業に熱い想いをもつ多くの若者が意欲的に取り組んでいます。
トマトのハウス栽培を中心に、独自に研究しながら有機農法を推進中で、生産面積・出荷高は増加中です。大手スーパーにも安定的に販路を確立し、山梨県の中央市のトマトを全国ブランドに高める勢いです。
田中進社長は、外資系企業に勤めていたが、地域の仲間や全国の同志とともに農業の重要性について一念発起、故郷にてすばらしい農作物の生産販売の行動を展開しています。

事業理念に賛同した脱サラした熱い若者たちが、農業に光を当てようと全国から集まりわが国の食糧事情を救いつつあります

山梨県の産業観光研究会では、昨年9月同農業法人を産業観光させていただいた。
トマトのハウス栽培の現場を見学し、田中社長から1時間余り立ち話で事業について解説いただき意見交流できました。

国の農業政策がモタモタしているので、民間パワーがわが国の農業を変革できるよう飛躍的な推進を要望したい。

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

地方自治体の地域資源の活用力・ソフト企画力

地方の時代といわれながら、地方の住民や商店街は高齢化が進む中で、過疎に直面し、非力感・無力感がただよっているようです。
公共工事や企業誘致など大型の投資・補助施策には期待できないと考える方がよいでしょう。

今必要なことは、県民・町民が「意欲・やる気・元気を出して参画型で活力の創出」に立ち上がること!
それぞれの地域・規模・内外の環境条件によって対応は異なりますが、

「ソフトな企画力」として例えば次のような事業を通じて新たな有効需要を創造したいですね!

1) 友好・姉妹都市との関係を増強しましょう!
 あなたの市町村は、どちらの市町と友好・姉妹都市の関係を結んでいますか?
 そして互いの住民との交流はどのように活発でしょう?
 海外都市と提携している場合、国際交流協会などが中心となり子女の交流なども定期的に行なっていますか?
この活動のみでも市町の民力・文化力が推察できますね!

2) ホームページはどれほど活発で、町内外からのアクセスは多いですか?
 観光やスポーツ・文化活動などの行事、また観光農園などのイベントが活発に発信されてますか?
町民や、町の出身OBは大いにホームページをご覧になり、気付いた点を要望や意見をしてあげましょう!
町の情報通信に関する感度がよいか、利活用が活発化どうか「情報リテラシー」が伺えますね!

3) 農業関連では、直売所や「朝市」が何箇所あるでしょう?
地元のJA全農とともに「地産地消」を推進し、または意欲的な農家が直接販売できる販路を確保し、消費者と直結しているでしょうか?

市役所や町の役場は、農業者に対して生産奨励や技術指導などを積極的に支援して「活き活きとした農業施策」が展開され、消費者の生活応援も具体化しているでしょうか?
極めて基本的な自治体ができる施策の一歩ですが。。。 
ハテ、あなたの町では?

それとも、商工会などは隣町のスーパーなどに「町外へ購買流出」を黙認しているのでしょうか?

4) 地元の商店街の活動に、小中高校生がどのように参加していますか?
例えば、作品の掲示や、山梨県増穂町増穂商業高校の「学校間取引」ように、町の特産品を開発し販売したり友好関係にある県外の学校から特産品を仕入れて販売したり積極的に商店街に関わっています。

店舗などに小・中校生の作品を展示できると町外から友人や親戚などが商店街を来訪する機会も増えるでしょう。
子どもたちの自己表現の場・機会を積極的に設けて「街づくりのエネルギー」としたいですね!

5) 隣町の祭りやイベントでは、どのように相互に連携・協力していますか?
互いに効果的に交流でき、補完的で相乗的な関係づくりが町民からも強く求められています。
各市町の「産業観光課」「商工課」「企画政策室」などは、これまでにできなかった「共同事業として連携の推進」を具体化しませんか!?

以上 他にも挙げられますが5項目の内、どれほど具体化されているか? 自己評価してみませんか?

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

立ち上がれ、農林水産業

北京オリンピックでは、女子ソフトボールチームが、栄光の金メダルをゲット!
毎日汗と泥まみれになって練習の積み重ねの成果である。
「チーム総合力・不撓不屈の精神力」が見事に実った。

ほんとにおめでとうございました!

そこで、わが国の危機的な食糧事情を鑑みて、「立ち上がれ、農林水産業」を実現したいものです!

農林水産省が「立ち上がる農山漁村」として表彰制度がある。

これらの先進的にグループ化して地域で取り組んでいる事例はホンノわずかでしょう。
全国の農山漁村の多くは、高齢化により疲弊し、兼業で続けられればまだよいが、廃業に追い込まれている。

農林水産省は、構造的な問題を解決できるように農業や林業の生産奨励策を打ち出さなければ!

「ガンバレ!農林水産の従事者・事業業・地域」の支援制度と平行して、力強い、頼りになる農林水産業の推進施策、行政の敏腕が問われている。

例えば、JA全農が、全面的に農業事業をフル回転できるように農業重視を国策として展開しなければ!
JA全農は、JAバンクなど金融・共済事業に注力しているが、「本業である農業」に真剣勝負で取り組みませんか!?

民主党の「個別所得補償制度」もよいでしょうが、政府は同等の施策をともかくも提示し、早期に実行しなければ!
地方に、農林水産業の一次産業において若者が魅力を見出せるように!
食料供給を支える担い手となるような国家戦略と具体的な即効策を強く要望期待したい。

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

高級くだものを海外の富裕層に販売開拓

山梨県は、ももやぶどうの出荷高は日本一であり、フルーツ王国を目指している。
山梨県ではトップセールスとして横内知事やJA山梨中央会の会長が台湾、東アジアへ輸出市場を開拓中。

ハテ、この輸出政策はフード・マイレージが大きな野菜・加工食品などの輸入を抑えようという時流に対して逆行します!
海外諸国の富裕層セレブに「検疫などの流通コストを上乗せ」して販売促進したいというがいかがなものか?
空輸や海上輸送では、大きな二酸化炭素CO2を発生し、地球温暖化の観点からは困ったものです!

中国などにCO2発生を抑制し、「環境立国」を標榜するわが国としては、「高く買ってもらえる市場を開拓」するのに必要な社会的な条件も十二分に考慮しなければ!
禁輸政策を取っている中国などに、禁輸解除を求めてまで輸出努力する必要性はないでしょう!

国内市場でも、「美味しいくだもの」に対する新しい消費需要が大いにあるでしょう!
高齢化に伴う中高年や旺盛な需要力がある団塊世代などが
「豊かな生活をできるよう」、「付加価値の高い商品を上手にPR」して、販売企画力を増強できませんか?

京都で行なった、「ひざづめ懇談会」や、東京の「やまなし桃の日フェア」などのような積極的な販売促進活動を期待したい。
東北地方の高級りんごと山梨の高級ブドウを「品評会を兼ねたPRの日」を互いに持ちませんか?地方でも、「新鮮で珍しい美味しい農産物」には大きなニーズがあり、まだまだ市場開拓できるでしょう!

また、どんな商品でも、富の偏重を改善し「格差を是正」し、富の分配を標準化するようにしませんか!?
「稀少な高級な商品を限定販売」するよりも、
「高級と評価される美味な商品を多くの消費者層に喜ばれるような価格設定と供給量を増加し利益も増やし」ていきませんか?

両トップの対談では、「山梨ブランド」の販売網の拡大を上げている。
ぜひとも、先ずは、国内市場の各県・地域間において安定的で友好的な関係づくりを創造して欲しい。
国内の農業従事者と農作物の消費者に対して、安定市場を創れるように国や県は「攻めの姿勢」を断行して欲しいですね!

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

中学校の同窓会

昭和39年に卒業し還暦を迎えた110名が、「昭和38年度増穂中学校卒業生同窓会」を開催しました。
現在のうらやましいような校舎です
kousya1.jpg


お盆の中日で平日でしたが、家族の理解を得て県外からの参加者も多勢い出席し、10時半から4時間余り旧交を温めました。

80歳前後のお元気な恩師5名を囲んで、おじさんたち60人、おばさんたち50人が記念写真を撮影。

卒業後、悔しくも先に逝ってしまった学友に黙祷をし、その後は、待ち望んだ懇談会!
苦楽をともにした青春時代を振り返り、近況について話題に花咲かせました。

45年前の「増穂中学校新聞」も配られ、小・中学校の校歌や「増穂応援歌」も大合唱しました。
当日は体調が悪い人など欠席となった仲間たちもいましたが、出席者は彼らの分も健康に気をつけ、互いに「命と家族をたいせつにして」頑張りましょうと語り合いました。
若さを取り戻し楽しさいっぱいの中で、各クラスごとにも写真撮影。

再会を約束しその後各クラスでは2次会・3次会に向かい、若かりしころに帰り、さらに盛り上がりました。

小生は、「帰って来いよ」の替え歌を作り、町内に多くの同級生がUターン、帰郷、帰農するように願いました。
アカペラだったので、十分に真意が伝わらなくて残念でした!
いち柳ホテルで、カラオケも準備していたのに。。。

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

夏祭りが平和と幸せもたらします

全国で夏祭りの盆踊りなどにぎやかです
地域地元の「元気と明るさ」が感じられるつかの間です。
温もりの活動が地域を活性化し、
都会では味わえない地方の魅力を創ります。
家族や仲間たちの契りを実感できます!


夏祭りが、補助金を利用した「年に1回のみのスポットイベント」でなく、地域や商店会の「”毎週”元気で明るい販売促進活動」が継続して
行なわれるとよいのですが。。。

夏祭りに参加して、チト考えた駄作をどうぞ!

夏祭り 元気で明るい 地域にと

夏の夜に ドーンと願う 平和・幸せ

こどもらの すなおさ続け いつまでも

夏まつり、家族地域の すばらしさ


北京から 平和と環境 取り戻そう!
スポーツマン 日々練習で 晴れ舞台!

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

ローカル線の旅 クイズでGO!にエールを

テレビ各局でクイズ番組にはさまざまな工夫をしています。
スタジオ内でタレント、お笑い芸人などのバカ騒ぎが多い傾向があります。

NHKでもこれまでスタジオ内で、お堅い内容のクイズ番組が多かったですね。

新番組ローカル線の旅 クイズでGO!は、地方の人々と密着を図り、地域資源の開発と地域の活性化につなげています。

先日は、三陸海岸の旅をクイズ旅に4名が1時間15分明るく展開。
海の幸、地域の特産品など地域の宝探しや、人々の温もりのあるふれあいを通じて、地域を紹介!
地元の大歓迎を受けながら、地元の学生や中高齢者など「住民の参加」も図っています。

「鶴瓶さん」が地方の人々に大人気であり、そのクイズ版でしょうか?

チョット行けない地方田舎の紹介と
行ってみたくなるような観光地や珍しさ、価値あり情報の提供には感謝感激です。

このようにマスコミが地方に大いに進出して、全国にPR合戦をしてくれると「地方の人々と産業」も活気づくでしょう!

「感動の出会いと笑顔がいっぱい」であり、
地方にスポットライトを当てた「地域住民の参加型の番組」
により、
わが国の津々浦々が互いに元気に明るくなるように!
自慢の特産品や話題をたくさん創れるように!

NHKも「世界遺産」のドキュメンタリー番組同様に、長寿番組とされるように願っています。

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

変化する経営環境へ即応できる企業・業界へ

建設業のみならず、どの業界でも、激変する経営環境へ即応・適応できるかどうか試されています。

昭和30-40年代、製糸業は輸出貢献企業でした。
が、化合繊メーカーの進出で、価格競争力がなくなり、製糸業は皆無となり、養蚕家は果樹生産などに変身しました。
さて、チト異なる例でしたが、
建設業界は、
1 環境問題への戦略的な取り組み 
2 交通渋滞の解消   に加えて
3 観光産業の関連、
4 高齢者対応の有効需要を創造 にも挑戦
しませんか?

3 観光産業の関連では、ハードを中心とするインフラ・施設などのニーズに対応したいです。

例えば、森林観光や防災防水のために林道を整備する
災害が起きてから、復旧のために土木建設業が出番となるのでなく、
☆土木建設業は、地域のニーズに対して積極的な「社会開発・整備のための企画提案力」が求められます
農業の奨励のために、耕作放棄地(遊休農地)の利用について他の業種とも連携する
農産物の直売所や、「朝市」の売店づくりをさっそく手がけませんか!?
☆異分野の業界とも提携した、積極経営が求められます。
⇔ 林野庁や農林水産省の壁をぶち抜く横断的な協力連携が求められています。
国土交通省には、省庁を横断する施策について戦略的で柔軟な対応を求めます!!

案内掲示板を設けて、来街者にやさしい街づくりを行なう
農業体験などの施設や民宿できる古民家の整備を促進する
☆都市と農村の格差の是正や過疎対策また、親子ふれあいの「手づくり施設」事業などにも取り組みましょう!
などのために 建設業の建築技術や、労働力を大いに提供しましょう!

4 高齢者対応の有効需要を
高齢者に対して「安全安心」を提供できるようにこの分野でもハードを中心とする施設や環境づくりのニーズに対応します。
例えば、
☆防災対策・犯罪防止のために、照明灯の設置
高齢者のために、「バリアフリー」の街づくりを推進する。
福祉介護施設の拡充に注力する

セキュリティーや情報通信の業界と組んで「情報ネットワーク」の拡充も求められています。

☆民間住宅では福祉住環境コーディネーターがリフォーム需要は大きいです
工務店などが既に積極的に対応している成功事例も多いです

そんなわけで、建設土木業界がこれまでに培った技術ノウハウ、人材は大いに活用できます!活用しなければ!
経営者が機動的・柔軟に経営革新を決断できるかどうか!?
業界の問題でなく、偏に、企業・経営者の“経営力“と「社員の対応力」にその企業の命運が掛かっています。


AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

地域おこし・食糧自給率の改善にそばの増産を!

盛夏 お見舞い申し上げます。
そば、麺などが、納涼ともなり夏バテ防止にも人気ですね!

そばの消費量の8割が輸入!
内、7割〜84%が中国から!

チョットチョット、国産のそばに頑張って欲しいですね!
遊休農地にも耕作を増やしましょう!
近年、休耕田などを利用した栽培が増えているので、日本での生産量は増加傾向ではあるが。。。
2007年の主産道県の収穫量は26,300トンである。

ソバは、獣害にも強いとのコト。
全国各県で、作付けが可能であり、狭い畑や山間地にも栽培できます。
高齢者にも難しい栽培技術や収穫も必要ないことが各地で示されています。
「地産地消」を着実に実践できます!また、「地域おこし」のため特色あるそばとその食べ方を「地域ブランド」として育てませんか?
食料自給率の改善のため、地方自治体やJA全農が、さっそく生産奨励策を打ち出すよう期待しています。
学校教育や社会教育の一環として体験農業なども積極的に取り入れませんか?

植物としてのソバについてはこちらWikipedia情報の宝庫からどうぞ。

全国各地で、国産のソバを作りましょう!
和そばを都会でも田舎でも、老若男女が大いに食べて健康になりましょう!


AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。



posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

遊休農地を貸し農園として活用した市町村は?

地方の過疎化により地方の魅力が減退、
高齢化による農業後継者がいない、
ガソリン・灯油のみならず諸物価が値上がりの中で、
さて、この半年間で、地元の遊休農地・耕作放棄地を「貸し農園」として果敢に活用した市町村は?

山梨県は、遊休農地の割合が全国でもトップクラス。
どうして、遊休農地を特に「貸し農園」として戦略的に具体化できないのでしょう?

地主が不明な農地はともかくとして、
地主さんは、一歩積極的に市町村に貸すようにできませんか?
この点、市町村の農業行政が今一歩もたついているのでしょうか?
いまこそ、農作物の生産と、「地産地消」を大いに推進しましょう!!

「貸し農園」を運営するのは、農業問題を真剣に取り組む
・ 市町村や
・ ・NPO法人、JA全農、農業の組合など。
・ 地域の活性化に取り組む団体 などには前広に提供しましょう

次の作業や費用が掛かります。
・ トラクターで耕す
・ 必要な肥沃な土地を盛り土する
・ マキや間伐材などで区分けする
・ 間伐材で名札を用意する   
・ 種撒き、草取り、剪定、肥料やり、収穫には高齢な農家の方が指導しましょう

そして、秋には農家と生活者が農作物収穫を通じて「喜びをともに分かち合い」ましょう!

(昨年、小生も身延町の曙大豆や、増穂町平林地区で1区画お借りし平林大根をよい収穫できました。

また増穂町の穂積地区でゆずの木オーナーとなり仲間も誘ってユズ狩りを体験し普及に取り組みました)

農林水産省の各事務所などは、もっともっと農業の生産奨励を積極的に行ないませんか?
各県ごとに、「貸し農園」の普及率を競い合いませんか!?

行政のリーダーシップが不足し、スピードある対応策が実行できていませんね!
JA全農、農業の組合などが、農作物の生産奨励と「地産地消」に本腰を入れていません!
市民や生活者は、もっと農業をたいせつにして、地域の活性化に真剣に取り組みませんか!?

海外からの輸入食糧や諸物価が高騰し続ける昨今、
輸入食糧に依存しないで
今こそ、食糧自給率を改善するチャンスというピンチです。
国産の農作物を本格的に生産するよう直ちに推進していきませんか!!

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。




posted by 中小企業診断士 川口正満 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

住民の視点であらためて地方の時代を!

地方の時代と提唱されてモウ数年。
ドコへいったか地方の魅力、活力は?
都市と地方の格差も一向に縮まる兆候もない!
ガソリン価格と諸物価の高騰は、地方経済にモロニ襲い掛かっている

はて、住民の視点であらためて地方の時代を!考え直してみたい。
次の戦略的なポイントが必要では?
☆生活者・高齢者にとって住みよい暮らし・明るい将来が見えること!
☆若者にとって、雇用の機会が多く、文化や情報面の魅力があること!

☆核家族でなく、家族3世代など大家族でもゆたかに、笑顔ですごせること!

☆共稼ぎも子育ても安心してできるように、支援施策が充実し企業の理解もあること!

☆都市に偏重した大学や専門学校の教育施設や医療機関が地方にも十分あること!

☆お受験による歪んだ教育を是正し、たくましい、自主性・自立できる子どもたちの成長を促したい!


それにしても、人口を維持・増加できないと行政や住民の負担が増える。

先ずは、地方・田舎暮らしを快適にできるように公共・公益的な有効需要を具現化したい。

若者がUターンやIターン・移住・定住を促進できるよう民間パワーと協力体制が必須である。

結婚を奨励し子ども2人をもてるよう、また家族三世代が暮らせるよう、補助金・奨励金を出しましょう!

道路は、まず現状の道路網でよいので「渋滞による社会の大きなムダ・ロスを解消すること」、 例えば、全ての交差点に渋滞をなくし事故や災害発生などにも連絡網を整備する。
 河川土手を利用して、新しい車線を確保することは、経済的に可能性も高いでしょう。

公共乗り物を利用しやすく、民間パワーとともに取り組む!
商業では、出張販売を奨励し、高齢者にも優しい買い物環境とコミュニケーションの場を提供したい。
農業では、遊休農地を解消して、貸し農園を含む「農作物の生産奨励」を直ちに行なう!
 各県で目標と実行のコンペを実施しませんか!?

小・中学生・高校生には、農業体験学習を充実しましょう。
また、森林環境保全のために、「企業の森」により都会のビジネスマンと家族に山村とのふれあい機会を増やしましょう!

裁判所の審議・判決や行政の仕事は効率を重視して、公務員の仕事のムダを絶滅・全廃しましょう!

これらの財源は、今回議員を10〜50人減らすと十二分に確保できます!!

現在国の存亡が掛かっているといえ、さもなくば、わが国は金食いムシの政治行政ばかりで、夢も希望もない、国に陥ってしまいます!!

そんなこんなの一例としてわが国民が少しでも早く、元気に、明るく、安心して住めるように願っています。

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

観光の原点・視点は交流と未来づくりを!

今年度の観光関連予算は、国際観光を中心として次のとおり組まれている。
1 国際競争力の高い観光地形成
2 人材育成
3 国際観光の振興
4 環境整備

いつの世でも「観光の原則・基本」は、次のとおりと考えます
☆ 人々の交流を通じて国の豊かさにつながり、地域資源の魅力を訴求できること

☆ 地域づくりや未来づくりのソフト面の充実を図れること
☆ 「おもてなしのこころ」や、ハートフルな素養・教養を醸成できるよう人づくりとなること

☆ エンターテイメントや消費過剰型でなく、価値観の提案や参加型・創造型で自然環境にやさしいこと
☆ 産業振興や地方、地域、商店街の活性化に役立つこと


そんなわけで次のとおり観光振興の骨格をあらためて提案します
1) 主役となるターゲットは、国民・生活者や、地方・地域を中心としたい

2) 未来づくりのために若者の人材育成やおもてなしの心、国際的な素養を身につけましょう
学生の交換留学や、民泊(みんぱく で変換できませんね!)や体験型観光を推進したいですね
3) 団塊世代や高齢者にも発見・感動・喜びを分かち合える機会と場を増やしましょう

4) 「産業観光」や農業体験、グリーンツーリズムなど、商工農林業の振興にもつなげませんか?
5) 地域資源や自然資源を活性化できるように地方も主役となれるように配慮しましょう!


以上を通じて、中長期的に外国人観光客が「満足度の高い滞在型観光」にリピーター来訪されるでしょう!!
現在の観光旅行の環境では、外国人を勧誘キャンペーンしても、1回限りの関係になりそうですが?

以上の観点で、文部科学省や、経済産業省もしっかりと観光行政をとらえて、国土交通省、労働省、環境省、総務省、文化庁とも友好的に協議を行ない予算配分されるように期待しています。

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

中小企業の底力を発揮しましょう!

山梨県は、風林火山の気性・価値観をモットーとしています。
昨年のNHK大河ドラマ「風林火山」また、今年のJRグループの山梨県デスティネーションプログラムなど、風林火山が脚光を浴びています。

そこで中小企業の事業者にあらためて次の提唱を考えていただきたいですね。

 「環境の変化」に対して機動的に戦略的に対応します!

 「時流と消費者ニーズ」について冷静に分析し適応します!

 「経営資源」を最大限に活かして全パワーを発揚します!

 市場と業界・地域において「存在価値を高め」不動の地位を築きます!


貴社や、貴地の商店街活動においても、この「風林火山」のスピリットで逆風・苦境・不況を乗り切りましょう!

足元をしっかりと固めながら、
大きく大志を抱いて、
仲間とともに知恵とエネルギーを出し合い
問題点を着実に解決して、目標の達成を目指しましょう!


経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。