2011年03月21日

地方と農業のたいせつさ 

大震災と原発の被害により、東北地方と農産物が大きな損害となっている
地方の農家からは野菜やコメの食料を都会に対して供給しているが今年の収穫はどうなるのか?
それにしても、“地方”の農業、林業の重要な役割を痛感させられる。

今こそ、地方に若者や就農者を受け入れ、ともに農産物を生産するよう立ち上がらなければ!
地方の市町村は、廃校などに被災者を集団で受け入れられると、互いのコミュニケーションが円滑できる。
これまでの生活と異なるので何かと支障があるでしょう 

受け入れる住民と仮住まいする顔なじみの人々が「心をひとつにして力を合わせて!」ともに元気に明るく前を向いて歩みたい!
国・県・市町村は1/3づつ補助により受け入れ者の収入とくらしを支えられるように支援施策を具体化できるよう望みたい。
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 16:41| Comment(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。