2009年11月08日

イベント事業と商店街の活性化

いや、このブログは、大変長らく夏休みをいただきました
いきいき村を立ち上げて、「地産地消」などコミュニティビジネスに奮闘していましたので。
さて、秋は毎週さまざまなイベントが行なわれていますスポーツ広場や、お寺などで。

では、商店街を活性化する活動はいかがでしょう?
個々の店に来店客を増やすソフト事業は、年末の販促福引セールになるのでしょうか?
商工会や商店会では、年末の販促セールに賭けているのでしょうか?

地域において、毎日の食品の需要はあるので、食品関連の小売業は元気のようです
例えば、和菓子やさんは高齢者に、パン屋さんは若い主婦に人気です
お惣菜の店は、共稼ぎの主婦にとって有難いですね!

新鮮な野菜「地産地消」できる直売所があちこちにでき、高齢なお客様に喜んでもらいたい願うこのごろです。
ハテ? 衣類はいかがでしょう?
ユニクロなど大手チェーンにはとても敵いません
衣類の専門店は、独自の工夫により、地域のお客様のニーズをしっかりと捉えて“適応”しないと!
サービス業や住宅関連の業種についても適切な「対応策」について考えていきましょう

山梨県増穂町のいきいき村では、穂積のゆずを全国に発送しています
Image130.jpg

Image131.jpg
深まりゆく秋の食卓にゆずをどうぞご利用ください
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 16:02| Comment(0) | 2小売業・サービス業の活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。