2009年03月01日

米の増産・消費の拡大を!

わが国の米の消費量は一人あたり61kgほど。
30-40年前と比べ半減したという。
農業行政の問題も多々あるけど、ともかく米を上手に食べませんか?
パン食が多くなっているので、対抗して米粉パンも開発され、まだ高いけど健闘しています。

消費者が わが国の農家の米を食べること!これこそ、農業政策の根幹となる農業再生・起死回生策です!

何と言ってもを食べましょう!
正月とお盆だけでなく、多くのイベントや、商店街のセールでは餅つき大会を!
のり餅、豆餅、
秋や冬にはお雑煮やお汁粉を上手に食べましょう!
確かに 手が込んで付加価値のある日本の美味ですね!

次には、おにぎり!いろんな具材を入れて、あったかいおにぎりは最高ですね!
稲荷ずしはいかがですか?
お昼の弁当に、ハイキングなどおやつにも!
やわらかいのでお年寄りにも人気がありますね!

のり巻きは、米どころの地方都市と漁港の都市とが友好関係を結んでブランド品を創りませんか?
地域の玉子や野菜がたっぷり入って栄養満点ののり巻きも普及しましょう!

もちろん学校給食の栄養士や栄養改善推進委員など主婦パワーと父兄の理解と協力が必須。

さあ、米の付加加工品のコンテストを展開し、自慢の地域ブランドを確立しませんか!
さっそく始められる美味しい米の利用法を大いに広めていきませんか!? 

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます


posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114972144

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。