2009年01月18日

産業構造を変革する絶好のチャンス

今こそ、第一次産業に政府も、企業も地方自治体も経営資源(人・物・金・情報)を投入するべきだ。
森林資源や農地の国土を守り、国内農産物を増産し、食料自給率を60%まで回復できないか?

40年前の就職者は次のように大幅に変化してしまった。
  ・・・・・ 農 業・・・・ 林 業・・・・漁 業
1965年 1151万人 26万人   60万人
2005年  335万人  5万人    22万人

農林水産業の大ナタ行政改革をしようと就任した石破茂農林水産大臣には次のとおり期待したい。
石破氏は、「爆笑問題」を通じて若者にも理解があり、柔軟・機動性をもった「話が分かる」大臣なのでよろしくよろしくお願い致します。
1)農林水産や山間地の過疎の前線・現場を官僚とともに視察して、深刻な状況を十分つかむ
2)農林水産業をどこまで高いレベルで復活・再生しようとするか明示する
 
3)食料自給率の大幅な改善のための戦略的な施策を提唱する
4)霞ヶ関の官僚と、県・市町村に対して、具体的な変革を指示監督、それぞれの「行動計画」を要請する

5)若者や団塊世代が地方に移住・定住・回帰できるような所得向上の具体策など第一次産業の魅力づくりの施策」を矢継ぎ早に打ち出す6)「求人情報と求職活動をマッチングするシステムを整える」態勢作りについて具体策を直ちに実施する

7)JA全農に対しては、JA全農の合併統合や農家の生産奨励施策などの内部変革を具体化するアクションプランを実施するよう強く要請する
8)農林水産業が「元気に明るく活性化」し、若者たちが「第一次産業について魅力を見出す!」ことがいまこそ求められている。

わが国が海外からの食料輸入に依存しないで、第一次産業を経済と社会を健全に立て直せる起爆剤としたい。
石破農林水産大臣には経済産業の構造を変革できるように中長期の戦略的な方針と、効果的な具体策を前倒しして欲しい。

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます



posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。