2009年01月10日

民主党の定数を4割削減へ??

ナント 初夢か?
自民党の若手議員から「国会議員の定数を4割削減」との蛮勇とも思える提案がなされている。
「速やかな政策実現を求める有志議員の会」が次のとおり提案したのです
塩崎恭久元官房長官を筆頭に、中堅・若手議員何名でしょうか?

さて、会での正式決定を待ちましょう。
今後の「行動計画」に向けた動向を注視していきましょう!

衆議院:
 現在 480人 
 → 小選挙区 200、 
   比例 100  計300人

参議院: 
 現在 242人 
 → 選挙区 94(都道府県各2名)、
   比例  50  計144人

いいんじゃないですか!?
現在の国会議員722人 それは余りにも多すぎますね!!

この案に沿って、野党民主党なども、具体的な問題点や、実現に向けたアクションプランを作成してはいかがでしょう?

ところでホームページを比べると
民主党のホームページは動画を掲載したり、先進的な議員の掲載が盛り込まれたり「若さと元気、そして次代の先取り感」がありそうに感じます。
全体的に、情報コンテンツの質・量が充実していて躍動感を感じるようです。

自民党のホームページは、政策中心型で、麻生首相が前面に出ていますが、いかがなものでしょうか?

皆さんはどのように見比べていらっしゃいますか?

ともかく100年に一度の・・・  
そうそう もう言ってはいけないフレーズのようです
国会議員は、国民の目線、レベルから、議員数の大幅削減などの中期的な国策と、現実・現場を見据えたな不況の嵐に対応する即効的な施策を矢継ぎ早に打ち出す必要があります!
行政の大改革や、クリーンや政治、企業のあり方について国会の先生方が“率先垂範”で示さなければ!!

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます


posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112402003

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。