2008年12月27日

産業構造の変換を! 激変する環境への適応を!

この20年余り、重厚長大から、軽薄短小に変遷した。
半導体や、コンピュータを中心とする情報通信産業が隆盛となった。
が、自動車産業や石油化学工業は、二酸化炭素CO2の排出が地球環境を破壊した。

また、米国の金融財政の杜撰な行政のために世界が100年に一度の大不況を招いている。
アメリカの農家が一人勝ちする農業政策のために、世界各国で農業の自立化・自給力が崩壊された。
自動車ビッグスリーは、世界市場への適応や地球環境にやさしい経営の舵取りができなかった。
わが国の自動車メーカーも、利益を謳歌し「成長戦略」を進めたが危機管理が不十分であった。

さて、今や「農業と環境、そして人々の生活」が最優先されるべきでは!
世界各国が、輸入に依存しないで、自国の食料は自給できないか?
世界の飢餓・貧困を解消するためにも!
海外から輸入される、品質が不安不信な食料は要らんのだ!

顔がみえる安全安心な農作物・食料を自給できるよう生産体制を整備しましょう!

第一次産業を重点的に強化し、食料自給率を大幅に改善し、自然資源を保全する3,5,8年後の行動計画を立てよう!

海外市場に依存した輸出産業は、国内の有効需要を掘り起こすべきだ!
環境にやさしい経営に舵取りして、勝れた産業技術を自然環境の保全に投入しましょう!
政界は、都会に集中している人・物・金・情報を、地方に分散できるかどうか!?

そして子どもをたいせつにして、少子化を改善できるように子育てを支援・救済しよう!

若者が地方に就職できる機会を大幅に増やして、地方の活性化、国づくりを担ってもらおう!老若男女がワークシェアリングで雇用や仕事の機会を幅広く持つべきだ!

農山村の自然資源、農地、食料、田舎の大切さを国を挙げて認識し充実しましょう!
食料自給率の改善をわが国の第一義の目標とし産業構造の変革を実現しましょう!

もちろん高齢者にやさしい福祉・医療に予算配分し、家族の温もりを取り戻そう!

これらの財源は、国会議員や県会・町会議員の削減が実現にもよる!
資産家や高額所得者への累進課税を強化すべきでは!
都会の事業税を上げ、地方の事業税を下げて地方回帰・地域経営を推進するべきでは!
「消費税を上げる」という前に、やるべき財政の建て直しやムダの削減の方法は山ほどある!

政府自民党はこれらの国のビジョンや産業構造の変革について明確に
施策が打ち出せていない!
我が国が行政力により「国の経営資源」が偏りのない、「バランスある経営と健全な発展」を切望します。

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

3年後の期待
Excerpt: 来年がこのようになりますように・・・・ということは、年末には考えたりしますが、昨今の社会情勢を見ていると、来年一年も塗炭の苦しみの...
Weblog: 健康な高齢者になるゾ!
Tracked: 2008-12-29 10:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。