2008年10月01日

観光庁が今日からスタート

国土交通省の外局として「観光庁」が本日静かに発足する。
地方観光の整備強化と地域資源の活用など、地方の活性化につながるとよいのだが。。。

訪日外国人旅行者を増加させることが優先目標では困ります。
観光行政は、主役はあくまで「国民であり、地方経済の活性化を図る!」ことでしょう。

観光地の受け入れ態勢の整備や、さまざまな角度から情報発信の強化も必要です。
が、わが国の観光地でのおもてなしができる人材育成や、
高齢者や若者たちもさまざまな観光メニューに参画できることも必要です。
「ゆとりと豊かさが実感できるような観光サービス事業」の展開を期待したい。

地方地域の歴史・文化・教育に光を当て、
産業(商工農林漁業)と地域と人々との接点を広く大きくする
ことも目的としたい!

他省庁との連携は特に必要でしょう
職員は、103名と各省庁からの増員により、横断的な連携も図られます。
第一次産業を見直すため農山村漁村の体験事業、エコツーリズム、森林資源や自然環境との共生活動も優先したい!

学生や若者が企業活動にもっと接点を持ち、地方に就職できるために「産業観光」や「工場見学」、「インターンシップなど」
人材の養成では、留学制度の強化や、中高校生の修学・研修旅行、
交換留学や姉妹都市・友好都市を積極的に推進しませんか?


ともあれ、本年後半、来年度の「行動計画」アクションプランを速やかに拝見したいですね

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
川口正満
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

食べやすいもの食べにくいもの
Excerpt: 私には、入歯の具合が悪いときの、痛さ、不愉快な口内の感触、そして、入歯を外したときのみすぼらしい顔を見たときの愕然とする気持ち・・...
Weblog: 健康な高齢者になるゾ!
Tracked: 2008-10-01 14:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。