2008年06月14日

安・近・短・楽を提唱し、小売店の頑張りを!

各県で大型店舗が郊外へ出店し市場シェア争奪戦を展開している。
そこまで車で行けば、来れば、「ワンストップショッピング」できるけど。
が、車でいけない中高年齢者が増えている!
近年では、免許証や車を持たない(持てない)若者も増えている。

こうガソリン価格が高くては、郊外まで車で行きたくありません!

65歳以上の高齢者は、住民の 1/4〜1/3 となりつつある。
この先、5〜10年さらに高齢化は進む!
郊外に進出する大型店は、消費者ニーズに即しているのでしょうか??
“過剰”に進出し競合する大型店舗の「生き残り作戦、サバイバル戦略」に注目したい。

高齢社会においては、「安・近・短・楽」の重要視が必要でしょう!
消費者の利便性のために! お客様のニーズに対し!
あらためて「地域の小売店の価値と意義」を訴えましょう!

安全安心にお買い物できること!
何でも安く!は2の次でも良さそうです。
近くて、短い時間で直ぐにいけること!

顔が見えるご近所づきあいの関係なので、
楽しい家族ぐるみのコミュニケーションができます!


温もりのある、支えあいできる地域に根ざした小売店。
健全なコミュニティを形成し、
長年にわたり、ご家庭の日常の必需品をお届けしてきました。

今、高齢社会において、地元の小売店が「毎日の献立と生活」のためにお役に立ちます!
子どもたちのためにもやさしくお買い物できるよう「地域の小売店」は存在価値を高めることでしょう!

経営支援塾AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!
ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2小売業・サービス業の活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100463023

この記事へのトラックバック