2008年12月27日

産業構造の変換を! 激変する環境への適応を!

この20年余り、重厚長大から、軽薄短小に変遷した。
半導体や、コンピュータを中心とする情報通信産業が隆盛となった。
が、自動車産業や石油化学工業は、二酸化炭素CO2の排出が地球環境を破壊した。

また、米国の金融財政の杜撰な行政のために世界が100年に一度の大不況を招いている。
アメリカの農家が一人勝ちする農業政策のために、世界各国で農業の自立化・自給力が崩壊された。
自動車ビッグスリーは、世界市場への適応や地球環境にやさしい経営の舵取りができなかった。
わが国の自動車メーカーも、利益を謳歌し「成長戦略」を進めたが危機管理が不十分であった。

さて、今や「農業と環境、そして人々の生活」が最優先されるべきでは!
世界各国が、輸入に依存しないで、自国の食料は自給できないか?
世界の飢餓・貧困を解消するためにも!
海外から輸入される、品質が不安不信な食料は要らんのだ!

顔がみえる安全安心な農作物・食料を自給できるよう生産体制を整備しましょう!

第一次産業を重点的に強化し、食料自給率を大幅に改善し、自然資源を保全する3,5,8年後の行動計画を立てよう!

海外市場に依存した輸出産業は、国内の有効需要を掘り起こすべきだ!
環境にやさしい経営に舵取りして、勝れた産業技術を自然環境の保全に投入しましょう!
政界は、都会に集中している人・物・金・情報を、地方に分散できるかどうか!?

そして子どもをたいせつにして、少子化を改善できるように子育てを支援・救済しよう!

若者が地方に就職できる機会を大幅に増やして、地方の活性化、国づくりを担ってもらおう!老若男女がワークシェアリングで雇用や仕事の機会を幅広く持つべきだ!

農山村の自然資源、農地、食料、田舎の大切さを国を挙げて認識し充実しましょう!
食料自給率の改善をわが国の第一義の目標とし産業構造の変革を実現しましょう!

もちろん高齢者にやさしい福祉・医療に予算配分し、家族の温もりを取り戻そう!

これらの財源は、国会議員や県会・町会議員の削減が実現にもよる!
資産家や高額所得者への累進課税を強化すべきでは!
都会の事業税を上げ、地方の事業税を下げて地方回帰・地域経営を推進するべきでは!
「消費税を上げる」という前に、やるべき財政の建て直しやムダの削減の方法は山ほどある!

政府自民党はこれらの国のビジョンや産業構造の変革について明確に
施策が打ち出せていない!
我が国が行政力により「国の経営資源」が偏りのない、「バランスある経営と健全な発展」を切望します。

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

古民家に泊まり、地方、山村の魅力を発見しよう!

地方の時代とはいえ、首都圏への一極集中が一向に止まらない。
行政の目線が、地方に向いておらず、予算も十分確保していない、
若者たちが、移住定住を試す機会や場も少ない!
また、安定した仕事と収入が得られるか半信半疑であり、決断できない
ケースが多い。
このような社会的な問題点は明らかとなっている。

そこで、岐阜県飛騨市は古民家を改修した「田舎暮らし体験モデル住宅」提供事業を始めている。 
飛騨市田舎暮らし斡旋支援公社が窓口となり、
同市への移住検討者を対象に、1回の滞在につき最長2週間までの期間、
同市内での生活が体験できるモデル住宅に仮住まいできる。
農林業の仕事についてまた、学校教育や買い物などの環境なども
十分実地で体験でき、将来について検討できる!

古民家を改修し通年利用が可能。利用料金は1日2,000円で、田舎暮らしを家族とともに体験し実習し将来への新たなステップの助走ができる。

このような時流に即して、ニーズに適応した施策が地方自治体には求められる。
市民の側に立った開かれた行政をもとに、柔軟で、機動的な制度をドンドン実行して欲しい。
そして地方や山村や第1次産業
これまでとは異なる将来性ある魅力あることを若者が発見・体感して新しい担い手として活躍できるようしたいですね!


AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます



posted by 中小企業診断士 川口正満 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

農山村の「地域おこし隊」がわが国食糧事情を立てなおし!

鳩山邦夫総務相が都市の若者数百人を「地域おこし協力隊」として募集する。
1〜3年程度働いてもらう制度を来たる2009年度からスタートとのこと。
地域の緊急雇用対策といっても、来年度4月以降という。
総務省が取り組む、地域活性化となる「地域力創造プラン」の柱に位置づけるというのだが。

チト、規模が小さすぎ、あまりに遅い取り組みでは?
12月20日の記事だったが、既に前倒しで実行する何らかの修正案が出ていればよいのだが。
職権、特権をもって今すぐにも実施できないでしょうか?

今こそ、農業と林業・漁業の第一次産業を本腰入れて立て直さなければならないのに!
数百人では、都道府県単位でできる規模であり、知事の権限で今すぐにも可能では!

全国では1万人規模の「日本の食糧事情立てなおし隊」が求められています!

総務省でなく、農林水産省ではそのような数万人規模の「農業立てなおし隊」を募集し、雇用機会を広く創っているでしょうか?
数千億円の予算を確保できないでしょうか?
日本の農業を再生復活できる絶好のチャンスですが。

わが国は、若い担い手が第一次産業の重要性を認識し、
若者が夢と希望をもてる社会を築くためにも、
「将来にわたり食料を安定して確保し、ゆとりを感じられるくらしを守る」ためにも、
そして、適齢期には安心して結婚して、こどもを何人か育てられるように!
第一次産業において、若者の汗と知恵・パワーが必要です!
都会への一極集中を解消して、地方の格差をなくし地域の魅力を創造するためにも!

田舎に帰り、就農する若者たちには厚い助成策を講じるべきです。
地域の活力を創りだし、わが国の将来を担う尊い戦力として!

今こそ、わが国の行方を左右する重要なターニングポイントです!

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

遊休農地はどれほど解消しているでしょうか?

今年、日本の食料供給力が危機にさらされた。
年末も諸物価値上がりの中で、苦しい台所を余儀なくされて越年である。
一部のスーパーは「プライベートブランド品などを値下げ宣言にて奮闘しているが。

さて、この一年、農林水産省の“適切で迅速な行政手腕”のもと、農業がどれほど変革され明るい兆しが見えただろう?
「農地改革プラン」を経済財政諮問会議に報告し、「農地法の改正」を行なうとのコト。
諮問会議も、農業政策について議論を本格化するとのこと。
3年後までに耕作放棄地を解消するというが。。。

農地の確保と農業生産の環境を整え、農業参入を促す枠組みができるようだ。
が、チト遅いのでは?
来年春の開墾や作付けに間に合うのでしょうか???
ひょっとして、そのペースなら、遊休農地の利用など1年先きとなってしまうようです!!
農業の担い手を確保し食料自給率を改善するために、今、緊急かつ大幅な資金投入と即効的な施策が必要です。
都道府県の農務部などが指導力を発揚し市町村や、JA全農が今すぐに対応できませんか?
高齢農家に対して、直ちに声をかけて現実的に農地の利用を促すこと、
既に農地を借りて生産している例も多いので、同様な事例を増やすこと、
農家の生産を奨励するために、直売所などの販路を大幅に拡大する、

学校給食などに地元の野菜を“政策的に”使用するように徹底する、
園児や小中学生も、来春には体験農業をできるようにカリキュラムを作る、

スーパーには、県外からの産品にはフードマイレージ表示を義務付けする
これにより地元の農作物が消費者の支持を得て、県外産のものは取り扱い低下するでしょう
など 
都道府県ごとに直ちに「地産地消」のシステムを戦略的に確立できないか?

「国内の農作物の生産高を増やし、地元の消費を拡大する!」
この極めて基本的で重要な農業行政の変革を地方自治体に対して要望したい。
国の農業行政ももちろん 待つわけだが、座して待たず、
来春には 耕作地を大幅に増やせるように農業に関わる人・物・金・情報を大いに拡大しなければ!

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください



posted by 中小企業診断士 川口正満 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

三鷹市がうらやましい!市内限定商品券で地域活性化!

さすがに三鷹市!
商工会、商店会連合会が三鷹市内限定商品券1億1千万円分を発行
商工会、商店会連合会が1千万円分を負担して、三鷹市の住民に年末年始のお買い物を応援。
市内の商店街は賑わい、600店舗はさぞ「増客増収」できることでしょう。
もちろん商店会は、割引セールとタイアップして市民を生活応援!
商品券を使うとさらに10%割り引くという大サービス!

地域支援のスピーディーな対応があっぱれ! 感謝感激の喝采ですね!
昨年計画したとのコトだが、時流の中で、市民にはホントニ有難いですね!
三鷹市の商工会・商店会の企画実行力に学びませんか!

政府の緊急経済対策はモタモタとしていて、一向に施策も、金も動きださない!
三鷹市や平成15年に6町村が合併し7万人の人口の山梨県南アルプス市南アルプス市商工会のような、市内限定商品券で地域活性化を実施した例をお知らせください!

このような地方の商工会・商店会に1兆円でも投入する地域の活性化の方が、
地方自治体に過大な負担をかけずに、
消費需要をアップする即効的な効果があるでしょうに!

また、選挙目当てのばら撒きとか、
税金の使い方がおかしいとか
政府が不評を買うことは少ないでしょうが。。。

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください


posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

国会議員は多すぎませんか?削減への歩みは?

国会議員は750人必要ですか??
確か衆議院議員 500人、参議院議員 250人の定員ですが。。。
国会議員お一人様に1億円の税金を投入しているとのコト。

法定秘書複数名の給与も含むのでしょうが。。。
週末に選挙区へ帰郷して、国政と地方との架け橋活動は有難いですが、
JRなどに対して、その乗車賃をお支払いしているのでしょうか?

ともあれ、第一弾として国会議員20〜100人は削減したいですね(削減できるのでは)!?
削減しても、国政には支障がないのではないでしょうか?
もちろん、闇雲に100人というのも荒っぽいでしょうか?

現在、衆参両院で組織化されている○○委員会の定員数など必要人数をチェックし、
積上げ方式で定員の見直しを図る  など

この機会に小選挙区をやめて、広域的な中選挙区に戻すとか、

与党も野党も、わが国の財政再建と、経済を根本的に立て直すために、国民最優先の基本にて実行・実践していきませんか?

地元の議員さんのお考えはいかがでしょうか?
皆様のご意見をお知らせくださ〜い

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください


posted by 中小企業診断士 川口正満 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

セレブの世界はやめましょう

米国では、富裕者でも質屋に出入りするケースが増えているという。
米国は世界を支配したような過去の繁栄と栄光のよき時代の終焉です。
100年に一度という大不況! 
世界はこれまでの経済金融政策は全く肯定できないでしょう!
明らかに、大変革CHANGEしなければならない。

次の富が偏重したワードは、もう地球一家から全く不要では?

セレブ、高級、専用機、一流、5つ星、極上、特級 など
もちろん、金持ち、資産家なども要りません!


一方、Only1、こだわり、キラリと光る、名人芸 などは大いに歓迎ですね!
その道一筋、敬服するべき多くの達人たちには、多くのことを学びましょう!


富める人々が、意識を変革して、世界各国や日本にある「格差や貧困を解消」するように!
アフリカ・アジア・南米などの貧困にあえぐ人々に対して、
背広とネクタイの政治家・ビジネスマンはどのように援助できるのでしょう!
今や、背広とネクタイを全ての人が作業着に代えて、農林漁業の第一次産業に汗を流さなければ!

地球は存亡の危機であり、
今すぐに、地球温暖化を防止し、美しい自然環境を取り戻さなければ!


a href="http://www.sienjuku.jp" target="_blank">AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

高速料金どこまで行っても1000円はいつから実施?

大きくニュース報道された経済活性化策ですが、いつから実施されるのでしょう??
どなたか いつから実施されるのか 予定を教えてください

年末年始の地方への往復など、ガソリン代が急落したとはいえ、待ち望まれています!
収入の減少を補うために!
田舎の家族とも頻繁に行き来できるように!
地方を活性化するために!

高速道路会社が高速道路料金のコンピュータプログラムを変更して、
国(国土交通省)が、高速道路会社に対して補填する 
だけで 実施できるように思うのですが。
これまで夜間割引などは、スピィーディに実施されていましたが。。。

緊急経済対策となると 財源の問題などで時間が掛かるのでしょうか??
年末、今すぐに! 国民は、中小企業は、農林業業者などは必要としているのです!!

オット、どこまで行っても1000円は、土曜・日曜・祝日の通行が対象だったですね!
週末だけでは、中小企業者などの事業者にはメリット還元が少ないのでは!?
どれほど、経済の活性化に寄与するのでしょう?

主な利用対象について、国はどのように考えているのでしょう?
家族サービスの勤め人向けが中心ですか?このような冷え込んだ厳しい昨今、週末でも高速道路を利用して遠方へ出かけるドライバーがどれほどいるかどうか???

ところで、小型自動車の場合は高速料金を無料!にするとか、
「2000CC以上の大型車は、どこまで行っても2000円とする」
とか 
地球環境にやさしい施策を環境省などとともに検討できませんか??

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください





posted by 中小企業診断士 川口正満 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

大量解雇の国難に対して「ふるさと再生・創生」に取り組もう!

大手メーカーが大量解雇を実施し、徐々に関連産業に厳しい波が寄せている。
輸出で大もうけしていた大手企業は、今、販売市場が狭くなり窮余の一策として非正規雇用の従業員の削減ダ!
大手企業は、今や農林漁業の「第一次産業」や「地球温暖化防止」などの新分野進出を図り、雇用を継続・確保するように願いたい。

一方、都会人には、「田舎に帰り、ふるさとを創生し、地方を活性化する
選択肢
を促したい。
田舎の家族や仲間とともに、生まれ育った地方・地域の再生復活に取り組みませんか!?
国・県・市町村は都会で職を失くそうとしている人々に対して、「ふるさと回帰」補助策を実施できないか?
国・県・市町村がUターン、Iターン、帰農者、移住・定住者などを自立できるまでの期間、各1/3補助金を提供する。

地方に労働力、担い手を迎えて、新しいふるさと創りを強化できる!
これらの財源は、7省から経済対策として、また地方の活性化するために、ムダを省き捻出する。
厚生労働省、
農林水産省
経済産業省
国土交通省
文部科学省
総務省
環境省
これだけ勢ぞろいでき、国・県・市町村が足並み合わせて対応できれば、今の国難に対して、
☆国内需要を抜本的に拡大するために、
☆都会一極集中と富の偏重を解消し、
☆地方と都会の格差をなくし、
☆第一次産業が復活して「地産地消」を現実化し、食料自給率を改善でき、
☆田舎と家族をたいせつにする絶好の機会であり、
☆自然や森林資源の保全も可能となり、
☆わが国の地方の魅力とふるさとを再生して
☆若者たちのエネルギーを活かした未来づくり
 ができるでしょう!

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください




posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

18日には18歳参政権について考えませんか?

若者、青年がどのように社会に参画してわが国を立て直していけるか?
体もこころも立派な大人の18,19歳の若者たち!
彼らの「熱意、知恵とエネルギー」を大いに発揮する場面を創りましょう。
新聞にも、高校生の投稿などを通じて極めて建設的な意見が多い!

一方、国会からは、現状を政治変革しようという「新しい流れ・風」が一向に見えない!
高校を卒業して社会人となり、年金を払っている若者や、
大学で学びながら、アルバイトを通じて社会や教育の問題を肌身で感じている若者たち、
そして、大人たちや政治家に物申したいと若者たちも多いです。

わが国を建て直していくには彼らの熱いパワーが必須です。
さて、18歳から選挙権、参政権を実施について、
どの政党が最もこの改革に熱心でしょう?
若者とともに考え、行動できるのはどちらの政治家でしょう??

そこで毎月18日には、「18歳から成人として参政権を!」について国民的に考える場を創りませんか!!

住民投票制度では、18歳以上が投票できるのです! 
地方自治体によって条例で決められるのでしょうか?
川崎市の事例をご覧ください

さて、皆様のご意見をお聴きしたいですね!
チト古い2007年1月18日記事ですが、詳しい情報があるのでこちらも参考にしましょう

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください



posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

大手企業は事業ドメインの変革を!

自動車産業はモータリゼーションで二酸化炭素CO2を吐き出してきた責務を猛省しなければ!
今や、地球温暖化防止、自然エネルギーの開発・普及のために大きくハンドルを切らなければ!

米国のビッグスリーと幹部は、胡坐をかいて、二酸化炭素CO2を抑えた新エネルギー開発を怠ってきた。
地球や人類のニーズに対応できなかったので産業界のリングからお引き取り願わねば!

自動車メーカーは、今や、農業、林業、漁業の第一次産業に対し、企業の総合力を投入するべきでは?
その資金力、技術力、蓄えた利益、有能な頭脳などを総動員しませんか?

地球や人類が求めている「命を守るための農業、林業、漁業」に対して「地球を助ける産業・メーカー」として勇気を持って牽引して欲しい。
地球温暖化を防止し、地球の破壊を食い止めるため、業界を挙げて実行力を見せ付けませんか?
アジアやアフリカの貧困対策に対しても、農業と食料を増産するために社会貢献しませんか?

地域社会では、高齢者にもやさしい電気自動車やバイクを普及しましょう
再度、地球人類から“支持”を得られる新分野の事業に戦略的に経営力を発揚しましょう!
従業員の大量解雇という反社会的なリストラ策に代わって、
地球や社会が求める農業や食料を生産するために、
雇用関係を継続しながら「もてる経営資源」を投入して事業変革できませんか?!


AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください


posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

地域の小売店ガンバレ!サシスセソの応援歌

地方の活性化は、地域の商店街が「元気に明るく活性化」できること!
みながゆとりを持って、こころが豊かになるように願いながら!
そこで サシスセソの応援歌をお届けしま〜す。
どなたか、曲にしていただけませんか?

さ サービス精神いつも感謝で
 お客様はありがたい神様だ!
 消費者ニーズをしっかりとらえて
 喜び満足いつもお届けしましょう!


し しんせつやさしく誠心誠意
 子どもも老人もいらっしゃい
おもてなしで温もりお招きを!
 ホッとひといき、うるおうお店!


す スマイルすてきに明るく対応
 いつもニコニコえがおで応対
 世代を超えて楽しく明るく!
 元気にいきいき心もゆたかに!


せ センスを磨いて魅力のお店
 地方にあるよ 魅力がいっぱい
 こころをとらえる 人・モノ・サービス
 地域にあふれる元気とセンス!


そ ソフトで楽しいコミュニケーション
 集い語らい賑わいを!
 いつもさまざま明るいイベント
 みなが参加で創意と工夫を!


ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

自然環境と子どもたちの教育環境について考え取り組みます!
産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください


posted by 中小企業診断士 川口正満 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2小売業・サービス業の活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

経済再生計画と雇用創出の目玉政策

オバマ氏は、経済再生計画では高速道路網と情報通信網に関連して優先的に推進するという。
さて、わが国は国家的な危機状況にある
「農林漁業の第一産業の再生と食料自給率の改善」

戦略的に財政出動し内需を拡大するべきでしょう。

その目的は、言わずもがな
☆農林漁業に就職する機会を大幅に拡大して
☆農業を最大限重要視して国民の食生活の安定を図ること、
☆若者が地方の生活や農林漁業の魅力を見出せるよう、
☆第一産業について将来的に明るい希望を創造していくこと
☆地方と都会の経済・産業・情報の格差をなくし、
☆都会人が地方に移住定住して山村の過疎を解消すること です!


「地球温暖化対策やクリーンエネルギーの生産拡大」の必要性に対しても超大幅な公共投資を行ないませんか?
これらの国が必要とする重要分野に企業の余剰人員をシフトしませんか?

もちろん退職をしないで、雇用関係を継続して雇用保険など安心して働けるように保証しながら!

新分野での仕事に慣れたところで、社員から転職の希望がある場合は
自発的な意欲・自立を助成したいですね。

地球にやさしい世界的なこの重要分野に対して、日本は戦略的に雇用創出を行ない、世界のモデルケースを創りませんか?

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

自然環境と子どもたちの教育環境について考え取り組みます!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください


posted by 中小企業診断士 川口正満 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

ホンダのF1レース撤退は当然でしょう!

F1レースは、巨額な経費を使っても広報宣伝や技術開発のために意義も大きいでしょう。
が、「ホンダ一企業の経営困難となったので」という、スピードカー・レース事業撤退の問題ではないのでは?

米国のビッグ3は今や、悩めるビック大物企業!
これまで、大型車など華やかさを競い合い、モーターショーでも多額の金を使い放題。

燃料エンジンや小型車の開発に遅れをとった。
いわゆる アメ車 大型車は、二酸化炭素CO2を掃き放題!

F1レースでは、2400CCのV型8気筒のレースカーが時速300kmで約300kmを走行する!
さて、二酸化炭素CO2をどれほど発散するのでしょう??

「ビジネス環境が急速に悪化した」からというが、
自動車産業は自らが撒いたCO2発生による地球温暖化の対応策を十分とらなければ!
F1レースで、放出するCO2はホントニ 何トン分でしょう?
1周で吐きだすCO2の量を公表しませんか?


さまざまな分野で、企業もマスコミも、プラスの面だけでなく、
環境に与えるマイナスの局面もしっかり情報公開しなければ!

F1レースについては、他のメーカーも早期に撤退を表明するほうが賢明では??
成長一辺倒のよき時代は終焉したのです!

トヨタは、撤退の方針をだしていないが、マイナス局面について情報開示しませんか!?
早期に、この機会に勇気をもち情報の公開と適切な判断をしませんか!?


今や、巨額の経費の投資と効果を十分見極めて、
多くの大衆が求める省エネ型の小型車などを積極生産しませんか?

今、本業の生産ライン縮少するはやむないでしょう。
が、自動車メーカーは、地球環境を重視し、非雇用従業員を含み環境や農業などの戦略的に新規分野に人員をシフトしませんか!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

自然環境と子どもたちの教育環境について考え取り組みます!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

自動車産業は環境と農林業分野に一斉に進出を!

100年に一度の異常事態が米国の無策により発生し、世界を混乱に陥れている。
米国の住宅・金融政策の破綻が、自動車産業の経営破たんを招いている。
石油と食料価格の暴騰は、投機マネーという無法者によるもの。

これまで日本は自動車産業などが輸出需要により、“超大もうけ”してきた。
今、自動車メーカーは非正規の雇用者を何千人も解雇しようという。

そこで大胆な提案ダ!
自動車メーカーは、現在の雇用関係のまま、「環境と農業分野に労働力をシフト」しましょう!

世界的な大きな緊急なニーズに対して、自動車メーカーは事業ドメインをCHANGEして、その経営ノウハウを遺憾なく発揮して欲しい。
例えば、農林業分野では、
 ・農作物の増産
 ・食料自給率の改善を!
 ・森林の保全
 ・遊休農地を一掃して、開墾・生産奨励を! など
 ・ふるさとでの「一次帰農」を奨励し、雇用保険はそのまま継続する。

これらを通じて、地方の魅力を増強して、山村の過疎や格差などを解消
しよう!
都会人は、「農業や地方の生活の魅力」を理解でき、相互交流を具体化できます!

政府は、全ての省庁がこれらの国家プロジェクトを補助支援する。
自動車メーカーや関連グループ会社の「環境と農業プロジェクト」に対して県や市町村は、優先的に協力する。
自動車関連業界が培った「経営ノウハウ」を新規事業分野でも発揚することにより、3ヵ年をめどに、これらの新規事業は必ずは成果するだろう。

「緑ゆたかで第一次産業が拡充」し、「地方経済も再生復活」する日本に生まれ変わるだろう。魅力を強化した第一次産業には、その後、新卒者や団塊世代が就職できる機会が増えるでしょう。

世界的な景気の回復に伴い各メーカーは、これらのシフトした要員を再度元の職場に戻して、熟練した従業員のスキルを機動的に活用できます!
今こそわが国の民間パワー・次代を担う若者とともに底力を発揮しましょう!
わが国は、「環境と農業の分野」での先進的なモデルを創り、世界に対して模範を示しませんか!?

このような農林漁業を重要視する「緑の雇用」を日米の民主党が打ち出した。環境問題を考え取り組みます!ブログ12月14日にもお立ち寄りください

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください






posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

4 山村と都会人のニーズをとらえた着実な実行を!

人づくりの交流事業」では、実施段階は
市町村のニーズを的確に捉え、住民と、都会人が「参加型」で企画
することが基本ですね。
市区町村や、商工会は、大きく仕掛けるためには、時間がかかりますが、きっと支援してくれるでしょう。

一方、今、「すぐにも行動して、着実に、見える効果をつかむ!」ことが求められます。

そこで意欲的にワークしている団体・グループを中心として徐々に参加の和を広めましょう。
高齢者の「いきいきサロン」や、子どもたちの「子どもクラブ」「育成会」「愛育会」などはとてもすばらしい地域活動のモデルケースです。
これらの活動に プラス 「都会や若者たちとの交流」を補充したいですね!
「小さく生んで大きく育てる」ように 楽しみと喜びを共有していきたいですね!

何事も計画が大事!
事業に関連した外部の環境とサービスの利用者お客様や特産品の消費者のニーズをキチンととらえて、
年間を通した「行動計画」と、目標を決めましょう。
目標には、数値的な目標と、
数字や量では表せない「言葉で確認する定性的な目標」を毎月、何項目か決めましょう。

Plan-Do-Check―Acitonを通じて目標を達成する喜びを皆で分かち合いましょう!

「ふれあい交流機会では、互いの立場を尊重し、おもいやりと支えあいが基本です。
そして互いに学び、成長できること、

その成果として、「人づくりと町・村づくりの実り」を得られます!
さあ、効果的に実行していきませんか!?

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください




posted by 中小企業診断士 川口正満 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

3.交流機会を通じて互いに学ぶ

体感学習や、農業体験では、互いに年代を超えて「教え、学ぶこと」の大切さを体験できる。
最初は、教えるほうも学ぶ側でも、照れながら、慣れないことも多いけれど、
徐々に「喜ばれること」に楽しさや、やり甲斐を見い出すでしょう
人づきあいや、社会づくりに参画し、「仲問とともに楽しく学び、喜べる」ことができる。

さて、田舎のおじ(い)さんやおば(あ)さんから青少年が学ぶことは次のように
人間味あふれる尊いことばかりだ!
@ともに働く労働の大切さを学べる
A農業・林業の現場作業について理解を深められる
B先輩を尊重し、敬愛の大切さ
C地方や田舎の良さと、人情昧 など


一方、都会の青少年が田舎のシニアやシルバーに伝えられること
@パソコン・インターネットの使い方
A携帯電話の使い方
B若者たちの考え方
C最近の流行、海外旅行の話 など
デジタル社会で必要な日常の大事なこと
を教えられる。

それぞれ、「世代が違う」と敬遠しないで、大いに交流・親交を深めたいですね

学校教育や地域や社会での教育では、これらの「人づくり」の原点
教育方針において、教育体系を考え直して欲しいですね!

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください



posted by 中小企業診断士 川口正満 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

2.体感学習で地域社会の活性化を

今、自己表現が下手でコミュニケーションが上手にできない子どもや青少年が増えている。
いじめ、家庭内暴力や犯罪にいたるケースが多発して 嘆かわしいわが国である。

この深刻な社会的問題を解決するには、子どもが「社会性を高め、たくましく、協調性」をもたなければ! 
仲間とともに遊びを通じて、体で身につけるアウトドアでの学習教育が効果的でしょう。

人づくり交流事業」は、ゆとりある健全な環境の中で、伸び伸びとした人間的な教育ができる!
「汗と労働の大切さ」を学ぶ、
「思いやりとやさしさ」を身につけ、
「農林漁業の職場を知り、温かいふれあい」を通じて、
生き甲斐と自己表現を体感できる。


近年の教育ではこれらの自己表現・社会性を育てる教育が不十分である。
基本的に重視するべきことは、「思いやりとゆとり」、「個性を重視したおおらかな人間教育」であろう。

団塊世代は、少年時代に「農繁休業」があり、農作業を手伝い、父母の仕事場を見て育った。
野山や原っぱ、河原、田畑で泥んこになってさまざまな遊びや手伝いを通じて学び、感動し、大人に尊敬を感じた。
また「労働とお金の大切さ」を汗を流して手伝い、覚え、教えられたことを思い出す。

体感学習では、個性と自主性が生かされ、感動の体験を通じて実りある成果が得られる。
伸び伸びと健やかに自己実現して仲間意識と、自分たちの成長を体得
できるのだ。

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください


posted by 中小企業診断士 川口正満 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

1.交流事業を通じて若者の人づくりを!

若者たちの就職が困難となり、すべての企業がリストラ従業員削減の危機に面している。

平成10年に社会問題を川柳風に下記のとおり表現したことがあった。
当時を振り返り、今の世はさらに厳しい環境となっていると痛感する。

地域活性化、格差の是正、若者などに雇用の創出、第一次産業の活力を願いながら、
「若者と高齢者、都会と地方の交流促進」
について5回に分けて提案したい。

青少年とシニア、都会と農林業家をつなぎ「若者の自己実現と雇用機会の拡大を!」心より願いながら。

1.昨今の社会経済問題を標語化すると
「幼児から受験に追われる競争社会」
「遊び場がファミコン・TVの画面の前」
親と子の対話の不足、青少年犯罪」

「デフレでも売上増加、100円店や牛丼屋」
「商店街、車社会に負けない創意と工夫」
「24H営業、次代をつぶすか日本の企業」

「パソコン携帯、画面に向かって付き合いべた」
都会と田舎、今日も差がつくデジタルデバイス

綾小路きみまろが 社会風刺 を通じて高齢者に笑いを提供している。
青少年にも
健全な元気と明るさ、そして皆で健康的に笑い、喜び合える」社会を身近に創りたいですね!!

AMIPLAZAは中小企業の経営の活性化を支援します。
地域経営の活性化のためAMIPLAZAブログで意見交流しませんか?
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と市川三郷町の桑茶など健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

産業観光を通じて人づくり・地域を活性化しませんか!?
産業観光研究会ブログにもどうぞお立ち寄りください



posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。