2006年10月31日

会津大学が世界に挑む

会津大学が日本経済新聞と主催する”Doing Local Challengig Global”講演とシンポジウムにて感動感心。
地方の県立大学として1993年開学。
コンピュータ理工学専門の大学として業界に話題を提供してきたので、大変関心がありました。
この4月から法人化し、県のご指導と助成金の体質を脱却。
自由度が高まり、自在に教育・研究とビジネス化を推進する!! 
もちろんホームページドメインも,これまでは県のドメインに従属していたが独自ドメインを開設!
 
地方の大学が、「あのグーグル村上代表取締役などパネラーを招聘し、世界にチャレンジする日本の大学・ベンチャー企業そして地方」について有意義な機会を提供してくれました。
 
会津(藩)には、県立大学の学部などがなかったので福島県が400億円を投じて、コンピュータ専門家と外国講師陣(39%)を集めて”英語での学習・研究環境”を整えた。
 
法人化にともない、さらなる発展が期待できるでしょう!
今後とも会津大学を巡るニュースに注目しませんか?!

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。

ラベル:会津大学 福島県
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 4ブログサイト、インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

地産地消の促進で、食料自給率の改善を

山梨県では、毎月第3金・土・日曜日を「県産食材の日」としています。

県産の“農林蓄水産物”を積極的に食べようの3日間です。

美味しい山梨再発見であり、“食うじゃん甲斐”の日です。

山梨県農政部果樹食品流通課が、中心となり、「ぶどうも桃もスモモも日本一」に加えて「地産地消」により、食料自給率日本一?を目指して取り組んでいます。

現在、日本の食料自給率は約40%、山梨県は25%と食料を他県・外国に依存しています。

このレベルをいかに高めて、安全・安心できる「食料自給できる県や国」を目指せるでしょうか?

さて、全国の各県でも同じような「地産地消」取り組みが推進されていることでしょう。

“地域特産物の直売活動“や、“農林蓄水産物”の生産農家の活躍のモデルに学びたいですね。

ところで、事業経営や行政においても「目標管理」が必須です。

山梨県の“食うじゃん甲斐”「県産食材の日」の目標は?

どのような目標を立てて、どのように意欲的に取り組み、目標を達成しているでしょう??

県も、各市町でも、そしてJA農協や組合員もそれぞれの「目標をオープンに開示」しませんか???

生活者・消費者も理解を示して、目標達成のために、熱いサポーターとして参加しませんか?

県民総ぐるみの「県産食材の地域活動」として展開したいですね!!



AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

地域プロデューサーが地域PRを推進

馴染みがないように思っていた「地域プロデューサー」だが、全国各地で活動を展開していた。

大学やNPO法人などを中心に、地域の特性を活かし、「地域の新しい魅力創り」を具現化しようと。

各県の取り組みについて大いに学び参考にし、地域活性化の競争をしてはいかがだろう?

山梨県でも山梨県立大学前澤哲爾先生を講師として地域プロデューサー養成講座全10も後半を迎えている。

県内からさまざまな分野で活躍する20名余りが、意欲ある同志とともに地域での取り組み方を

研鑽中。

夏には、人口2000人の過疎村ながら品川区などと姉妹都市を結んでいるあの山梨県早川町12日の合宿も行なった。

128日にはその成果についてプロジェクト発表され、記者会見も予定?されるとのこと。

そこで各地域では、「地域PR隊」と称して、それぞれ得意分野や地域でのネットワークを活かし、地域のPR活動を具体化してはいかがでしょう?

もちろん「プロデューサー」には単にプロモーションでなく、より積極的で

創造的な意義があり、能動的に取り組むミッションを有しています。

地域の特性を踏まえて、ニーズを探り、質・量の交流を深めながら、地域の魅力を創出できる企画を具体化したい。

その機能は、コラボレーションや出会いづくりである。

その継続的な活動を通じて、「大いなる地域の魅力づくり」を実現できるでしょう。

地域の先進的な企業や工場見学し、企業の製品PRにも協力する、

商店街を訪ね特長や問題点を発見し、新たな魅力創造を提案する、

  意欲的に社会活動する団体などと交流し、さらなる拡大を目指す

  山間部の観光資源を探索し、地域の特性を活かし特産物の開発や観光客を勧誘する

  スポーツ・レクレーションの全国的な大会に学び、地域独自のイベントをプロデュースしたい。

などなど。

地域の活性化・地域づくりの先進事例に学び、それぞれ各地域が町村を挙げて「創造的な地域づくり」を具現化したいですね!



AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

富士川流域「六斎市」の賑わい

NHKの全国版にも案内が報道されたので、21日、22日富士川流域「六斎市」が賑わいました。
山梨県南巨摩郡峡南地方の各町の特産物と、「技」が終結して町民・県民が和やかに楽しめました。
 PA210054.JPG
主催者皆さまと、特産物を栽培し提供された農家の皆さまに感謝し、
「技」を疲労いただいた芸術家には陶芸品など知と文化を学習させていただき有難うございました。
 
町長さんや、助役さん、産業観光課長さんや商工会の事務局長も駆けつけ、お客さまを歓迎し、主催者の皆様をねぎらっていました。
PA210053.JPG
この「やなぎ亭」は、庭園も大きな邸宅も”静かなたたずまいと落ち着いた雰囲気”の中で、
郷土料理なども味わうことができます。
奥の座敷には、郷土の誇りである作家「熊王徳平」様や、画家「石井精一」様の作品にも接することができます。 
 
第一回を成功させたので、来年度は、一段と楽しみに期待できます。
中部自動車横断道の増穂インターチェンジが本年12月に完成。
PA150051.JPG
増穂町では、東部開発が促進されるでしょう。
 
南アルプス連邦に囲まれて秋の恵みが満杯の峡南地方。
ラ・フランスや、ゆずなどの果樹、工芸品の臼や和太鼓、陶芸作品、銘酒「春鶯囀」(しゅんのうてん)などなどとともにお待ちしております。
経営支援塾
社会と自然の環境問題を考え取り組みます!
川口正満
 
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

富士川街道「六斎市」にお出かけしませんか?!

富士川街道「六斎市」に富士川流域の技・クラフト作家が集結。

1021日(土)22日(日)に開催されます。

会場は、甲府盆地の南端にある山梨県増穂町の「まちの駅青柳宿・活性館」。

また、南巨摩郡の道の駅や特産品の組合など7つの直売所で、富士川流域の特産品が販売される。

「農家の汗の成果物」をご賞味ください。

主催者の「富士川流域の技実行委員会」の企画とプロモーション力と、県や近隣6つの町やマスコミ各社などの後援・支援のお力添えに感謝したい。

山梨県峡南地区は、増穂町のみが甲府盆地の一部だが、山林と富士川と共存。

国道52号線沿いと、富士川や支流の川沿いに山村が散在。

人口減少と高齢化により、町や商店街の活性化が大きな課題である。

現在、「富士川流域」として新しいブランドを創りつつある。

1018日から30日まで、「第一回富士川流域の技・作家たち展」も開催されている。

会場は、増穂町の「酒造ギャラリー六斎」で、19名のものづくり人の技・知恵・作品を拝見できます。

中部横断自動車道の増穂インターチェンジは、1216日オープンとなるが、その前にこの富士川街道「六斎市」は、富士川流域・南巨摩郡(峡南地区)の“新しい顔”として観光の礎をご覧ください。

そして富士川流域の文化芸術と農山村・商業・ものづくりの共存共栄が始まります。

きっと、

“ロハスなが吹き”

“静かなののように魅せられて”

“次代につなぐのような勢い”と

“大きな々・森林との共存”

が展開されることでしょう!

紅葉の富士川流域を楽しみ、文化芸術の技に触れ、農山村の特産品にも新しい発見されるでしょう!

県内外から多くの方々がご来訪されるように願っております。
経営支援塾
環境問題も考えます!
川口正満(増穂町出身)
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

消費者本位・生活者本位の産業観光の促進を

ものづくり・製造現場と消費者・生活者をつなごうとする“産業観光”が注目されている。

この概念の提唱者JR東海の相談役須田寛様を中心に全国で講演会が開催されている。


これまで、技術を高め、生産の効率化や品質向上を目指し、業界内競争を勝ち抜いてきた製造業。

現在、親会社の工場は海外に拠点を設けて、国際的な競争を展開。

部品などの下請け中小企業企業も“海外シフト”を余儀なくされている。

製造メーカーは、卸業・小売業を通じて製品を供給するのでやや消費者市場に遠い局面があった。

精密機械を含めて生産性向上・品質管理などのために、地域の生活者との接点は少ない面もあった。


一方、“消費者志向、生活者本位”が企業経営の基本として定着しつつある。

また、企業の社会的責任(CSRが強く求められている、


さらに、企業・工場を地域や企業の社会的な資産・資源として、地域振興のためにも役立てようと着目。

消費者が機械や食品などの生産現場や、農林業を含む「産業」を理解する必要性も高まっている。

「生産と消費の両面からその重要性」について見学視察し関心を高めて、情報を活かしたい!


「産業観光」の促進においては、企業中心の会社イメージや製品のPRでないように留意したい。

消費者・生活者を中心とする産業・ものづくりについて正しく理解できるように。

中高生にも職場の見学・体験を通じて「仕事のたいせつさ」を体感できるように奨励したい!

20代の若者たちにのために地元企業への就職機会を増やせるように「地方自治体の協力」も必要だ!

地域経済や、日本の将来に創造的に役立つように積極的に推進したい!


そんな“産業観光”の具体化が全国で広がるように願っています。

「観光」とは、魅力的なスポットを訪ね、「交流と新しい発見」を通じて啓蒙啓発・癒しをできることでしょう。

 全国の商工会議所が「産業観光の推進」に旗を振っている。

甲府商工会議所は117日に須田寛様をお招きし「産業観光が地域にもたらすもの」講演が開催する。

多くの方が参加しませんか?!

経営支援塾

社会と自然の環境問題を考え取り組みます!

中小企業診断士 川口正満

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

しいたけと”特用林産”振興を

和食にも洋食にも欠かせないしいたけ。

しいたけは、低カロリーで、ミネラル・食物繊維が豊富。生活習慣病や便秘などにもよく、抗がん作用もあるとのこと。

JA全農山口が発信する「正直通信」は農産物のお話しで山盛りいっぱい。
 毎日新鮮な情報を届けてくれる!
 自然の恵みで育てる「原木しいたけ」と菌床で育成するしいたけとは美味が異なります。
山梨県増穂町の舂米(つきよね)地区は甲府盆地が一望に見られる。

PA150051.JPG
ここに神田山林ファーム30年前より「原木しいたけ」を生産出荷。
ご自分の山や御坂町の山で育てたコナラ・ミズナラなどに菌種を植菌。

原木を伐採し、90−100cmに「玉切り」されると重さは約10kg。
水分と栄養分をたっぷり含んでいる。
この移動にフォークリフトも使うが、マキ積み・井桁などの組み立て作業は重労働。
平均温度25℃位が菌糸の成長が早い。
そのため山間地にあるが、夏には温度管理が大変とのこと。

温度に加えて、日光、水はけ、通風にも基本的な管理が必要。
もちろん、人や昆虫などの雑菌を防ぐこともたいせつ。

PA150052.JPG

スーパーなどで、「原木しいたけ」のラベルを貼られた美味しい生しいたけをどうぞご賞味ください。
JAふじかわ農協から、東京の料理屋さんにも出荷されているとのことです。

林野庁では日本特用林産振興会を通じてきのこ、山菜の生産奨励と木炭業者の保護などを推進しています。
山菜アドバイザーも育成し、森林を資源として、食材供給基地としてもっと身近にしようと

森林とゆたかな資源ともっともっと知って、身近に親しく接し、共生共存したいですね!

 経営支援塾
社会と自然の環境問題を考え取り組みます!
川口正満
E-CサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください。

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

きのこ産業とハナビラタケ

山梨県の峡南地方鰍沢町の柳川地区にある鰍ヘなびらたけ本舗・(有)南アルプス連峰マイタケの樋口國雄社長から次のお話を伺いました
・     30年ほど前よりきのこ生産技術を開発し、業界に貢献
・     マイタケ栽培では、日本で最初のオーガニック認証を取得
・     ・これまでマイタケなどは、多くの業務用・スーパーなどに販売。
・     近年“幻のきのこ”ともいわれる「ハナビラタケ」を開発。
・     ハナビラタケは、現在業務用に95%需要され、先進メーカーが小売向けの市場開拓やサプリメント向けなどを開発中。
・     菌床で約100日を経て、見事な“白珊瑚”のようなハナビラタケが出来上がります。

hanabiratake.jpg
・     「カリフラワーマッシュルーム」とも言われ、コリコリした食感・栄養価も優れています。
・     癌の抑止力となるβ−グルカン(1-3は、癌の「免疫調整剤」となり、その含有量はアガリクスの2.5倍〜4倍ほど。
・     同社は、販路としてスーパーや旅館・ホテルなどに直販と、メール・FAX通販また現地を訪ねていただくと直売もしています。
・     「全国はなびらたけ普及会」の会長として、100会員を組織化し活発な活動を開始しています。
業界をリードしてますますのご発展を念願しております。

ところで優秀な農業生産技術を活かして、流通・販売を拡大するためには、情報通信インフラも必須です。
独自のE-Cサイトも設けたいが、山間部のためISDNのみ利用中。

ADSLが利用できないので写真画像などを送受信できないので苦慮しておられます。
全国の地方町村・山間地域で、通信インフラの遅れにより情報の受発信が遅れ、生産・販売に影響をもたらすケースが多くあります。

事業者は、日々粉骨砕身で汗を流し営農を続けており、効率的な事業経営を目指しています。

都会と同じように、それ以上に“情報通信の必要性が高い”のでADSLの普及を待ったなしと熱望しています。
情報を効果的に利活用し、地方・山村でも「独自の産業を創出・活性化」したいと切望しています。
政府や地方自治体とNTTは、地域間の情報や、産業発展の格差を発生しない対応策を具現化して欲しいですね。

尚、はなびらたけの抗がん作用についてこちらのホームページもご参照ください。 
 経営支援塾
社会と自然の環境問題を考え取り組みます!
中小企業診断士 川口正満
E-CサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

森林と共生する“きのこ産業”の育成をが出現

日本列島は、森林資源が豊庫。

ひとづくりの教育・産業そして地域づくりや観光にも活かしたいですね。

長野県は、先頭をきって森林や農作物を効果的に産出し、マーケティングにも演出しています。

新潟県なども農業施策の充実が農家や、都会の消費者からも評判が良いようです。

岐阜県では県産材流通課が「きのこの知恵袋」を発信。

大分県からは、きのこ新聞が発行されています。

さて、山梨県は森林が約70%。

くだものは日照時間が長いメリットを活かすなど健闘しています。

山梨県観光部では、森林資源を含む観光振興を推進中です。

一方、食生活を豊かにして健康や病気予防に欠かせない“きのこ”の生産では?

森林と共生できる“きのこ産業”を次のドル箱に育ててはいかがでしょう?

山梨県は、森林環境部・農政部・商工労働部などを中心として、1都3県の業務用と家庭に「安全安心の農作物の豊庫」食材を提供できるよう産業育成をしてはいかがでしょう?!

高齢時代となり、体にやさしい“受注生産型”農作物と、飼料など生産材料も輸入に依存しない“国内自給食糧”の育成が求められています。

明日は、山梨県の峡南地方鰍沢町の柳川地区にある鰍ヘなびらたけ本舗・(有)南アルプス連峰マイタケについて訪問レポートを記します。

経営支援塾

社会と自然の環境問題を考え取り組みます!

中小企業診断士 川口正満

E-CサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

ラ・フランス西洋梨の追塾した美味を皆さまに

山梨県増穂町は甲府盆地の南端にあり、富士山・八ヶ岳と甲府盆地を眺望できる。

山梨県は日照時間の長さで日本のトップレベル!

そのため、くだもの王国「ぶどうすももも」日本一ですよ!

近年、ラ・フランスも大人気。

山形県なども日照時間が長いが、山梨の増穂町はその上を行きます。

ラ・フランス、オーロラ、バラード、ゼネラルレクラーク、シルバーベルなどう〜むこれはうまい!!  

秋山農園10数年前に先発で開業。

お隣で望月農園も開業し、現在町内のドル箱です。

日照時間が長いので、山形産よりも早くシーズンインは9月から。

それぞれ丹精込めて作られた自慢のラ・フランスいくつもの品種を提供しています。

ラ・フランス狩り(今シーズンは終了しました)の後で、ご試食、とろける甘さをお試しください

ご自分だけなら、ご試食だけでもご満足ですが、

お知り合いに奨めたくなります!

お土産にそしてギフトのために直売も。

そして3℃で補完された冷蔵庫から出庫され、年末まで通信販売もしています。

日本梨などと比べて、糖分が2倍あり、熟したまろやかな美味は忘れられないですね!

来年も豊作で、県外からのご来園客や通信販売のご愛顧客様に喜んでもらえますように!

「果物の女王」を皆さんで堪能しませんか?!

また増穂町の穂積地区まで30分ほどドライブすると、富士山が包容力をもってお迎えです。

年末年始には、ダイヤモンド富士を満喫できます。

こころよりお待ちしております。

経営支援塾

社会と自然の環境問題を考え取り組みます!

川口正満

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

ぶどうも桃もすももも日本一

山梨といえば?

ぶどうか富士山?

そして風林火山と「ももすもも」もあります!


桃は春。

桃源郷マラソンにもぜひ参加してみませんか?


すももは、夏。

ソルダムはポピュラーですが、「貴陽」の美味は忘れられませんね!

南アルプス市のきたむらスモモ農園を訪ねてみませんか?


そして、もうぶどう狩りに出かけましたか?
生産量日本一の山梨県は、効果的なPR活動日本一を目指しています。

全国に「知名度向上」、「増客増収」「市場価値を高める」ために。


戦略的なマーケティングとプロモーション活動を期待しています。

お客さま消費者と流通・販売に関わる業者との連携ワークを期待しています。

例えば、次の方策はいかがでしょう?

1)ホテルや旅館で「山梨のくだもの」味わキャンペーンを!

2)佐川急便など運送業者のトラックには「山梨のくだもの」を車体広告に!

3)JA農協では、“直販”により、早く、安く、みずみずしい熟した「山梨のくだもの」拡販を!

4)小中学生には、「山梨のくだもの」を“育てる・もぎ取る・販売する・食べる”お手伝い活動を!

5)全国の生活協同組合COOPの店舗や宅配で「山梨のくだもの」の積極的に取り扱いを!

6)ダイエーなどのスーパーでは毎シーズン「山梨のくだもの娘」が販促キャンペーンを!

7)「山梨のくだもの」で、フルーツ洋菓子や、くだもの和菓子など商品開発を!

8)インターネットでは、E-Cサイトで積極的な出店と拡販を!

 さらにインターネット映像で、「くだものを育てる」「美味しく食べるシーン」を放映しませんか?

これらの販売促進活動は、各都道府県すべての産地でもできるわけですが。。。


ところで「もももすももも」というアニメ番組ご存知でしたか?

深夜の番組なので、知る日とぞ知るでしょうが。

チョット動画でさわりを見てみませんか?



AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

売上を高める増客増収の販売戦略・戦術

厳しい販売環境が続く中で、マネジメント・マーケティングの基本を抑えてみます。
売上を構成する要因は次のとおりです。
お買上げ客数(マーケティング要素)= 通行客 x ご来店率 x お買い上げ率
客当たり平均単価(マーチャンダイジング要素) = お買上げ点数 x 平均商品単価 
客数は、店外の販売環境に関わる立地や、競合店の存在とマーケティング・集客努力に依ります。
客当たり平均単価の増加は、魅力ある豊富な商品力や接客サービス力が試されます。
クロスセールや衝動(ついで)買いを促進する陳列術も重要です。 

さて、貴店ではどちらの要因について重点的に強化策を実行していきますか?
外部環境に関わるマーケティング戦略は難しい課題です。
スーパーなど大型店舗は、毎週すごい広告合戦・価格競争を繰り広げ、広域的に集客を図ります。
一方、コンビニや100円ショップは、チラシ広告代を一切掛けずに、立地力と商品力で勝負です。
中小小売店では、限られた内部資源をどのように配分・投入するか?!
そして、教育研修にも強化して、レベルアップを図るか?!
量販店や、コンビニなどのFC店と競い合うのも得策ではありません。

そこで、先ず店内の魅力を創造し、温かく・親近感のある接客サービスを徹底しましょう!
お客様本位の品揃えや、店内レイアウト、フェイスについて改善を重ねましょう!
さまざまな販売促進などの企画にもサービス精神旺盛に充実しましょう!
     新・珍・創・充・安・楽・満 のテーマを訴求しませんか? 
  仮説を設定して、改善や企画の具体化と検証を繰り返してみましょう!
もちろんS(整理・整頓・清潔・清掃・躾)を徹底します。

役員や従業員全員が声掛け6S(Smile Speak Spirit Soft Service Satisfaction)を実行しましょう!
 

「また今度来ましょう!!」と快く喜んでいただけるように!

こうして「家(うち)の店、当店も賑わい・お客様にご満足いただけるお買い物の毎日が続いています」というケースが多く見られるように願っております。

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 2小売業・サービス業の活性化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

体育の日 老若男女で参加し今日も健康で!

全国各地で健康的な運動会・体育行事がさまざま行なわれた。
楽しい笑い声や掛け声が聞こえてきそう。
山梨県では次のテーマで「参加型スポーツ」のスポーツレクレーションが行なわれた。
参加
体験
学ぶ
見る
このテーマは、山梨県「富士の国やまなし観光ネット」が大型観光キャンペーンを実施しているが、
次のテーマと重なります。
旅の見どころ                               ・・・ 自然(見る・参加)体験・文化・歴史(学ぶ)
観光地を探す目的のキーワード        ・・・ 見る・遊ぶ・体験する・食べる・泊まる など
TVゲームやスロットマシンで「屋内で楽しむ・稼ぐ?」だけでなく、アウトドアで楽しみませんか?!
ご家族とお仲間と、そして太陽と「ともに日差しを浴びて、汗をかいて、笑って楽しみ」たいですね。

昨日は、地元でも恒例の区民を挙げた“スポレク”が行なわれた。
80歳を超えた高齢者も参加できるゲーム・メニューも組まれ、何人か知り合いも参加していた。
いつまでも元気・活気と陽気にお若くたくましくあって欲しいですね。
近年、高齢者には、「ブラブラ体操」「椅子体操」さらには「筋肉トレーニング・筋トレ」などその必要性が提唱されています。
気力と体力そして知力も今までどおりにスローペースでよいのでどうぞがんばって欲しいですね!
若者たちには高齢者とともに、散歩や体操などをともにできるような機会を大いに増やしませんか?
(このページは、高齢者にもご一読いただけるように文字サイズを12ポイントとしました)

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

姪子3人や80歳を超えた伯父たちが車を必要!

地方都市の姪たちは通勤で自転車でも通えるのに自家用車が欲しいと。
稼ぎの中から購入するのは良いとしても。

 

二人は大のドライバー好きで、週末は四輪駆動でドライブを楽しむ。
一人は若葉マークなので心配しているが。
「私は車には乗らないよ」と言っていた彼女だが。
そして通勤の往復には友人・先輩たちに便乗させてもらっていたが。

 
全国の地方都市でこのような例は山ほどあるでしょう!

20代の彼女たちも自家用車で青春したいッてわけ!
公共交通が不便なので、自分たちで自由に乗り、楽しめる車を選ぶのは良く分かる。

 

が、自動車公害の排気ガスについてどのように考えているのかな?
CO2の排出は、民生部門で増加中。
車やエアコンなど家電製品の大量生産と販売による「価格競争と販売促進」が近年も加速している。

車などにもCO2排出量の表示と、付加税を賦課しては?

ドライバーには「地球温暖化をもたらしていること」を意識し、その対策に取り組むようなしくみを必要では?
若者たちは、地球や自然環境が破壊されている状況にどのように取り組んでいるでしょうか???


地方経済の担い手である若者たちには、夢や希望をもち、楽しみも追求して欲しい。

が、市内循環バスなどの公共交通を見直しにより、車があふれCO2を増加するのは何とかしませんか?
「相乗り」のしくみとメリットについて社会的に考えてみませんか?


また、「健康と自然志向」のためにも自転車の利用についてもっと社会的に理解と推進をしませんか?


オランダは、路面電車と石畳の市内をマウンテンバイクを利用していたやさしい人々が印象的で、大好きな都市です。
 

一方、80歳を過ぎこれまで多くの貢献をしてきたお年寄りには、移動に不便さを感じないような対策を立てられませんか?た
事故を起こす前に!
不自由なく買い物や行楽に、マイクロバスや乗り合いで余暇を楽しめるように!



AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

行楽とスポーツの秋

長雨が続き、台風までやってきた。
運動会の準備や本番を予定している小中学生や、紅葉や秋の実りを楽しみたい家族も多いのに。 
 
なぜか今年も異常気象かな、農家だけでなく、皆が変だなと思っています。
石原良純様など気象予報士さんには なぜかと、どうして何とかできるのかを解説願いたいですね! 
 
行楽の秋、自然を大好きで森林浴や森林セラピーを楽しみたい。
美しい日本、綺麗な空気をいっぱい吸いたい方々!! 
今週も雨にも負けず?、自然資源を満喫されている方も多いようですね。
 
だが、遥々と出かけて森林を歩けない方々も多いでしょう
そんな方は日本ハイキング倶楽部のホームページを訪ねませんか?
数年にわたる元気な会員皆様が歩かれた、登った、体験したすばらしい記録を拝見できます。
 
トレッキングよりもハイキングなので、やや気軽に参加できるようです
 
皆様も会員になってみませんか?
また皆様の郷土にある自慢の山、森林や景観をお奨めしてください

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。
posted by 中小企業診断士 川口正満 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 9地域活性化・商店街・農業・観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

ヴァンフォーレ甲府がガンバ大阪を降す!

大雨の中で、トップチームを迎え撃って熱闘。

ヴァンフォーレ甲府は昨年の王者あのガンバ大阪に対して3:2で勝利。

7戦不敗のガンバ大阪は8連勝できなかった。

遠路お越しいただき雨の中を応援していただいた少数精鋭のサポータ皆さんには申し訳ない。


小瀬スポーツ公園競技場は、興奮の渦。

ヴァンフォーレ甲府は、華麗なたくましい“攻撃的な”試合を見せてくれた。

7石原はカット&スマートゴールの模範演技だった。

33茂原も20ビジュも良く動いた。

ボールに喰らいつく、ねじ込む、なんとしても取る!


オシム・ジャパンに選ばれている宮本などの最強メンバーを相手に。

ヴァンフォーレ甲府は、やってくれた。


歓喜の雨。

風林火山の勢いを見せてくれたヴァンフォーレ甲府にサポーター皆さんとともに感謝したい。

さあ、次の目標に向かって走りこもう、走り抜こう!


試合速報は、速さと詳しさで、ガンバ大阪が勝っている!
さすがに名門チーム。
サポーターの層が厚い! ヴァンフォーレ甲府のサポータ・スタッフも追いつこう!


ガンバ大阪も2位となってしまうが、ともにがんばろう!!

AMIPLAZAでは経営の活性化を支援します。
自然・社会・教育の環境・食料問題について考え取り組みます!

ECサイトAMIPLAZAでは、環境関連と健康的な商品をお奨めしています。
油を吸着・分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!
川口正満
産業観光研究会の産業観光は、商工農林業の現場を見学し交流を広めます。

posted by 中小企業診断士 川口正満 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。